鳥の絵 メジロ 

| コメント(0) | トラックバック(0)
mejiro.jpg

冬季小鳥食堂はもうすぐ終了です。となんだか週刊新潮表紙っぽく・・・

このところ、2回、うちの庭にエナガが巣材を取りに来たので、もしかして、ご近所? 隣の隣のお庭?それとも裏の児童公園?と期待が膨らんでおりますがどうなることやら。

メジロ、キジバト、カワラヒワは、だいたい毎年1組ずつご近所で営巣するはず。

シジュウカラさんのために用意した北欧デザイン風巣箱は、いまのところ見向きもされず。敗因は何?

鳥の絵 シロハラ

| コメント(0) | トラックバック(0)
sirohara-pen.jpg
ペン画風?

このシロハラ(たぶんメス)は、すっかり慣れちゃって、最短距離1mを切るぐらいでカメラを突きつけても動じず。
食べる方が大事!絶対大事!

薮内正幸さんの鳥のペン画が最高です。・・・薮外どころか、薮遠って感じですね。
20190309-0705.jpg

春めいたお日和に、たまには違うところで鳥見を。
花粉症ではないけれど、あんまり花粉が多いと目ががびがびするので、山はやめた方がいいな、と葛西臨海公園にいってみました。水族館以外は初です。

いっぱいいっぱい水鳥が浮いてますが、600mm相当のレンズではなんの役にもたちませぬ。
双眼鏡、持って出たはずがザックに入ってませんでした。

20190309-0835.jpg
この頃、鳥見用のスコープ、つまり望遠鏡欲しい病にかかって、カタログなんぞ眺めているのですが、また、欲望に火が!

みなさんどんなのをお使いかな、と横目でのぞいて歩いたら、軒並みスワロフスキーだったよ!
あんまりお高いので視野に入っておりませんでした(笑)。やっぱりいいのかしら?!

20190309-0643.jpg
夏羽になった(なりかけている)ハジロカイツブリ。
以前地元に冬羽のものはしばらく御逗留あり。

20190309-0730.jpg
同じく、カンムリカイツブリ。

カンムリカイツブリの求愛ダンス、というのはいつかみてみたいもののひとつ。
ちなみに、ムーミントロールのお話に出てくる「うみうま(海馬)」という生き物がいるのですが、ラインが似ているな〜っと思いました。

それにしてもどっちも遠いいがね。

20190309-0789.jpg

カモメとか。あとは、陸地でオオジュリンとか、キクイタダキの声とか。

海は広々。公園も広々。
こんな公園のそばに住みたいなともちらっと思いましたが、やっぱりウォーターフロントは、地震=津波が怖いな。
kogera.jpg
ハゼの実を食べる。長い舌で喉に押し込んでました。
この時は11月。あまり美味しくなかったのか、2月半ばまでけっこう実が残っていたけど、ヒヨドリ軍団が食べ始めたらあっという間に終了。

koge-ok.jpg
「WINTER BOY」とタイトルだけ先にできた絵。

モズ、蛇を獲る!

| コメント(0) | トラックバック(0)
20190217-0694.jpg
いつも公園にいるメスのモズがなにやらと格闘。
すんごい大きな元気なミミズを獲った、と思っていたのですが、
写真をみたら蛇だった!

20190217-0641.jpg
まだ啓蟄(3/9かな)にも間があるし、特に暖かくもなかった2/17。
蛇の血も赤いので、モノクロにしてみました。

mozu.jpg
わたしから遠ざかろうと、戦いの途中で蛇をぶら下げて飛んでいったところ。
この写真がちゃんと撮れていれば、傑作ショットだったんですが、ピンが付いて行かなかったので残念。絵にしてみました。

モズさんは、やること猛々しく、まさしく小さな猛禽なのですが、目が大きな黒目だけに見えるせいか優しげな顔。これがタカみたいに黄色い虹彩に、ちっちゃなきつい黒い瞳だったりするとずいぶん印象違うだろうな。

とても食べきれなかったろうと思ったのですが、次の日、ハヤニエのようなものは発見できず、新しい狩に精を出してました。
20190121_0117.jpg
一泊伸ばしたのは、せっかく台湾行くなら普通の観光旅行気分も味わいたいじゃーん & 一人鳥見もしたいじゃーん & できることなら鳥の数ふやしちゃったりして・・・・と思ったわけですが、欲をかいたせいでしょうか、最終日午前中はしっかり雨でした(泣)

で、市内で行きやすい台北植物園へ傘をさして再挑戦。
(MRT一本でいける關渡自然公園は月曜休みで没)、いろいろもう1日伸ばすべきだった!

まあ、

20190121_0083.jpg

雨の中でも、シロガシラや

20190121_0064.jpg
クロヒヨドリが昨日よりサービス良く。

残念ながらコノハズクはこの日もお留守で、

20190121_0114.jpg
一種類増えたのはいいけど、日本でも日々お会いできるシロハラだったのであります。

お菓子を買ったり、世界で一番美しい本屋best20に入った本屋さんのあるおしゃれ地区に行ってみたりして、
その緑地で、

20190121_0131.jpg
カササギと、

20190121_0125.jpg
ミドリカラスモドキの写真が撮れました。台湾はカラスは日本よりずっと少ないけれど、かわりにこの強力な見た目の悪魔っぽい奴が多いのかな!?

A48.シロハラ
A49.ミドリカラスモドキ

で、旅行終了。
いろいろカウント方法を考えているうちにわけがわからなくなっちゃったけど、まあ、会えた鳥は60種弱でしょうか。また行ってみたいけど、季節を変えると、暑い&虫いっぱいなのかなあ。
まずは、お昼の飲茶の写真がちっと出てまいりました。金品茶楼だったと思う。

20190120-1.jpg
これは餃子の部。小籠包はあっちっちなうちに急いで食べないといけないので写真なし(笑)

20190120-2.jpg
デザートの蒸菓子。すべて蒸籠に統一しとくとなにかと便利よね。

で、ツアー一行は空港へ。私は1日居残りにしたので、まず、台北駅のホテルに落としてもらい。

悠遊カード(ヨーヨーカー)というものを入手して、MRTとバスを乗り継いで故宮博物院へ。2011年から久しぶりの2回目ですが、前も混雑すごかったけど、ますます賑わっておりました(●´?`●)

今回は、白菜もトンポーローもどこかへ外貨稼ぎにお出かけのよう。いろいろ展示は変えているようで、四庫全書の部屋はなくなってた? 懐素も見つけられず・・・ではありましたが、お宝はお宝。

20190120-3.jpg

一角で花鳥画の特集展示をしていたので、こんなところにダルマエナガ♪ お外で会いたかったね。


で、今回一番高い買い物が、

20190120-6.jpg
これの複製画。帰ってから額装しました。
作者は、郎世寧が中国名ですが、イエズス会のジュゼッペ・カスティリオーネ(Giuseppe Castiglione、1688年7月19日 - 1766年7月17日)というミラノ生まれのイタリア人。清朝の康熙帝、雍正帝、乾隆帝の3代の皇帝に使えて、50年も絵を描き、西洋庭園を作り、中国で没。というのは後から調べたところ(中野美代子さんの小説がおもしろかった)。
だって、アトリが可愛いでないの、もっと別の鳥のも買ってくればよかった。

で、帰ってから画集を見てみたら、

20190120-7.jpg
おやまあ菊の花びらの色だけ違うバージョン!
かつこっちの方がハンコベタベタが多い、
が、北京の故宮博物院にあるそうな。

20190120-5.jpg
すっかりくたびれて、夜は台鐡の駅弁であっさり部屋飯。なかなか味がよろしいし、お肉の下にキャベツの炒め蒸しみたいなのがしっかり入っていて、野菜も取れるところがグッド。

で、最終日に続く。

20190120_0169.jpg
市内の古くて広くて立派な植物園。風情のあるレトロな温室などもなかなか素敵!
池もあり、日曜だったこともあって、現地のバードウォッチャー、カメラマンも含めけっこうな混雑。

池周りでは、日本と同じですが(もしかすると微妙に亜種かも)ゴイサギ、アオサギ、バン、カワセミ、キセキレイなど。

上の写真はカササギ、これも九州と北海道の一部にいるらしいですが、実は初見。

20190120_0120.jpg
池の脇、人の足元で草の葉っぱを食べていた、なんだかひどく具合の悪そうなベニバト。
まあこの後、飛んでいなくなったので、無事治ったことを祈る。

20190120_0147.jpg
ゴシキドリは、前の日までもだいたい毎日会えていたのですが、なんといっても、ここの子は動く、しかもとても活発に! お腹空いてたみたいで、新芽などパクリ。
2羽いましたが、足環をつけていたので、植物園の巣箱生まれと思われます。

シロガシラ、クロヒヨドリは、初日に会っていて、

20190120_0129.jpg
写真が苦しいですが、ヒメメジロの群に混じっていたコムシクイ。
そう、この前の日までは晴天続きだったのに、ついにここに来て、雲厚めの曇り空だったのでした。

ほか、初めて会えたのは、

20190120_0136.jpg
ヒメマルハシ、ちょっと悪な顔していておもしろい。

と、

20190120_0152.jpg
とても愛想のいい(=近くで動かない)シマアカモズ。

残念ながら、毎年植物園で繁殖しているというオオコノハズク(タイワンコノハズク?)はこの日お留守で巣穴だけ鑑賞。

これでツアーの賞鳥の日程はすべて終了。
台北駅近くの有名な小籠包のお店でお昼をがっつりいただき、
一路、桃園空港へ・・・なんですが、わたしは一人で・・・あと、もう一二回で終了予定。

A43.カササギ
A44.アオサギ
A45.ゴイサギ
A46.コムシクイ
A47.シマアカモズ
20190205-1160.jpg
台湾一休み。

こちら地元の公園で、見慣れない丸っこいシルエットの小鳥がなにやら枝の中でお食事中。
だれだろ?と一生懸命撮ってみました。

茶色っぽくて、尻尾がなければ・・・すわ!ヤブサメ!!
と期待しましたが(声は聞いたけど、姿はどうもはっきり見たことがない)。

どうみても顔がウグイスですね、ヤブちゃんだったらもっと白いラインがくっきり長い。

で、お尻は、

20190205-1171.jpg
ヤブサメだったら、すごい短いけど一応尻尾はあるはず。
というわけで、尻尾をなくしたウグイスみたいです。

尾なしのエナガは数回見たことがありますが、ウグイスは初めて。
何があったの?

20190120_0005.jpg
前夜は、陽明山の国際大旅館というたいへんレトロな昭和感(大正感か!?)た〜っぷりの立派な温泉旅館に泊まりました。
もともとは蒋介石の奥さんの迎賓館/接待所だった、かな? 食事も立派&おいしい
・・・しかし、今回、iPhoneのカメラが不調でピントがあったり合わなかったり、「グルメ旅行か!?」とも叫ばれた、毎回毎回の美味しい&すんごいたっぷりの食事の写真がありませぬ。豪華お食事は人数のいるツアーならではですね、一人二人では種類も量もそうそう楽しめない。

と、
ともあれ、また夜明けの探鳥へ。あら、お隣が公園、ってもう入り口からズグロミゾゴイが不動のポーズ。
別の子は、私たちに駆け寄って来ておねだり踊りのようなことを始めたのでびっくり。いつも餌、もらってはる? ミミズ? 担々麺とか?

20190120_0013.jpg
色があまり出てませんが、アオバト。

20190120_0016.jpg
リス(種類は?)今回、シマリスっぽいのとか3種類ぐらい見たはず。
やキジバトなどを撮っている間に、ヤマムスメがどんどんやって来て、

リスと餌を取り合ったり、どんぐりを隠したり、

20190120_0059.jpg
集団水浴をはじめて、もう写真撮りまくりであります。

20190120_0054.jpg
水浴して綺麗になったかしら?

ほかにも、

20190120_0090.jpg
ルリチョウのディスプレイを近々と見たり、

20190120_0076.jpg
タイワンオナガとリスが同じ餌に。

公園や隣接するおうちの塀のうえに、餌が置かれたりしているのですが、今回はバードウォッチャー(鳥カメラ)のやらせ餌ではなく、公園を利用する人が習慣的に、鳥かリスカ両方かに餌をあげているみたい。

20190120_0114.jpg
ちょびヒゲは、たぶんジャワハッカのシルエット。ほか、シロガシラも。

朝ごはんを食べて、台北市植物園へ向かいます。

A41.アオバト
A42.ズグロミゾゴイ

月別 アーカイブ



↑少しよく撮れた写真は、こちらに投稿してますのでヨロシク♪

最近のコメント

  • かえる: はじめまして〜! コ 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/d4Gn1xxIcaH6nyXCVz_skBoX40V.j6Zh6kbirPc-#73a99: はじめまして。 ポル 続きを読む
  • かえる: わー! なんと「エス 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/fJSbYrRuU.UEeKL3Syix164eH2FawQI-#22546: かえるさん、こんにち 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/hviAv3kJZolvUVOmNqOa5gfJorxF2Gk-#05247: かえるさん ハマシギ 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/qkIK6z8cJfWcUXO3Uw.xZwMDsGfT#10307: ところで、青い子もそ 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/qkIK6z8cJfWcUXO3Uw.xZwMDsGfT#10307: はろ〜です。オオミズ 続きを読む
  • https://me.yahoo.co.jp/a/sqQ0YAZIVr8XTinif2EbycoA272G6A--#af79b: やった! 素晴らしい 続きを読む
  • かえる: あにすさま、お久しぶ 続きを読む
  • あにす: 接写の八重桜の爛漫の 続きを読む

アイテム

  • mejiro.jpg
  • sirohara-pen.jpg
  • 20190309-0789.jpg
  • 20190309-0730.jpg
  • 20190309-0643.jpg
  • 20190309-0835.jpg
  • 20190309-0705.jpg
  • koge-ok.jpg
  • kogera.jpg
  • mozu.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。