2019年3月アーカイブ

鳥の絵 メジロ 

| コメント(0) | トラックバック(0)
mejiro.jpg

冬季小鳥食堂はもうすぐ終了です。となんだか週刊新潮表紙っぽく・・・

このところ、2回、うちの庭にエナガが巣材を取りに来たので、もしかして、ご近所? 隣の隣のお庭?それとも裏の児童公園?と期待が膨らんでおりますがどうなることやら。

メジロ、キジバト、カワラヒワは、だいたい毎年1組ずつご近所で営巣するはず。

シジュウカラさんのために用意した北欧デザイン風巣箱は、いまのところ見向きもされず。敗因は何?

鳥の絵 シロハラ

| コメント(0) | トラックバック(0)
sirohara-pen.jpg
ペン画風?

このシロハラ(たぶんメス)は、すっかり慣れちゃって、最短距離1mを切るぐらいでカメラを突きつけても動じず。
食べる方が大事!絶対大事!

薮内正幸さんの鳥のペン画が最高です。・・・薮外どころか、薮遠って感じですね。
20190309-0705.jpg

春めいたお日和に、たまには違うところで鳥見を。
花粉症ではないけれど、あんまり花粉が多いと目ががびがびするので、山はやめた方がいいな、と葛西臨海公園にいってみました。水族館以外は初です。

いっぱいいっぱい水鳥が浮いてますが、600mm相当のレンズではなんの役にもたちませぬ。
双眼鏡、持って出たはずがザックに入ってませんでした。

20190309-0835.jpg
この頃、鳥見用のスコープ、つまり望遠鏡欲しい病にかかって、カタログなんぞ眺めているのですが、また、欲望に火が!

みなさんどんなのをお使いかな、と横目でのぞいて歩いたら、軒並みスワロフスキーだったよ!
あんまりお高いので視野に入っておりませんでした(笑)。やっぱりいいのかしら?!

20190309-0643.jpg
夏羽になった(なりかけている)ハジロカイツブリ。
以前地元に冬羽のものはしばらく御逗留あり。

20190309-0730.jpg
同じく、カンムリカイツブリ。

カンムリカイツブリの求愛ダンス、というのはいつかみてみたいもののひとつ。
ちなみに、ムーミントロールのお話に出てくる「うみうま(海馬)」という生き物がいるのですが、ラインが似ているな〜っと思いました。

それにしてもどっちも遠いいがね。

20190309-0789.jpg

カモメとか。あとは、陸地でオオジュリンとか、キクイタダキの声とか。

海は広々。公園も広々。
こんな公園のそばに住みたいなともちらっと思いましたが、やっぱりウォーターフロントは、地震=津波が怖いな。
kogera.jpg
ハゼの実を食べる。長い舌で喉に押し込んでました。
この時は11月。あまり美味しくなかったのか、2月半ばまでけっこう実が残っていたけど、ヒヨドリ軍団が食べ始めたらあっという間に終了。

koge-ok.jpg
「WINTER BOY」とタイトルだけ先にできた絵。

月別 アーカイブ



↑少しよく撮れた写真は、こちらに投稿してますのでヨロシク♪

このアーカイブについて

このページには、2019年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。