自然系:近くの公園と狭いベランダ〜で鳥と緑の最近のブログ記事

kibitaki2019.jpg

キビタキが去って、

ジョウビタキさんが来て、

ruribitaki.jpg

ルリビタキさんも来たので、冬です。寒いです。

togakushi4.jpg
10月末、戸隠に鳥見に遠征。鳥見の先輩に付き合ってもらって日帰りでがんばる。早朝の新幹線に乗って、これは日帰りの限界の遠さかな。

togakushi2.jpg

子供の時に行って以来の戸隠。その時は、バスに酔ってきつかった記憶しかなし!

togakushi3.jpg
目的は、ツルマサキの実を食べに来るムギマキ。もう一週間ほど早い日の方が良さそうというのは、わかっていたんですが、いろいろ台風やらなんやらで遅れました。

でも、

togakushi1 (2).jpg
遠くて、チラ見で、これという写真も撮れなかったけど、若いオスが登場してくれた。ので満足。

とても気持ちのよい森でした。春も行きたいな!

ちょうど蕎麦祭りの日だったので、奉納蕎麦(限定100食)も整理券をゲットしていただき、
欲しかった竹細工のコーヒードリッパーは、とってもお高かったので、同じく竹細工のみかんを盛るのをよさそうなカゴと、深い茶こし(お値段がコーヒードリッパーの1/10ほど!)を買ってきて、むりくりペーパーフィルターの畳み方を工夫して使ってみたら、けっこういけるよ(笑)。
ryukyu.jpg
一週間ほど前にジョウビタキを探しにプチ遠征した先で、運良く会えたリュウキュウサンショウクイ。仲良しな感じで2羽いました。

サンショウクイのヒリリリリという声は地元で何年か前に聞いたことがあるのだけれど、見たのははじめて。ただ、もしかすると前に聞いたのは減少が懸念されているというサンショウクイで、今回のは、ここのところぐんぐん勢力拡大中で東京付近でも留鳥になってきているという亜種のリュウキュウサンショウクイなようです。

減っている方のサンショウクイに会えることはあるのでしょうか?(もっと胸が白い)

その後、数日して地元でもリュウキュウサンショウクイの目撃情報あり。

大阪の人がいうところの「しゅっとした」姿の鳥さんとでも。

鳥の絵 ツミ

| コメント(0) | トラックバック(0)
tumi-angel.jpg

罪あるものが天使の真似する?!と、ツミのエンジェルポーズ。
胸のあたり縦班なので若い子。
水場のあたりが静かで小鳥が見当たらない時は、たいていこの子やこの子のおとっつぁん?がいたりします。

猛禽類の背中は、描くのがなかなか大変だと思ってましたが、翼の内側の方がよっぽど大変でした。と、これでもけっこう渾身の一作で時間がかかっちまったい。
20191009-3.jpg
今度こそ、今年最後のカイツブリの赤ちゃん?!
実は翼(というか腕?)はかなり長いのね、の図。

この子ののっている巣は、もう最初の卵の孵化予定日っていうときに、留めていた枝から雨風で流れ出し、一週間ほど漂流。見ているみなさん、やきもきやきもき。朝はこっちの岸にあったのに、午後は向こう、ボートの来るところまで流れたとか・・・

それでもどうにか2羽がかえって、赤ちゃんになれば、背中に乗って移動できるので漂流する巣から脱出。台風の前に新しい巣をしっかり枝にくっつけてやり過ごし。現在も子育て中。

20191009-0821.jpg
巣が漂って岸辺まできちゃったおかげで、いつもよりぐっと近くで拝見。
新生児には、ちゃんと頭も足もとった調理済みのエビをあげているとわかりました。

20191009-0546.jpg
イトトンボは丸呑みでした。
20190926_1001.jpg
空にぽつぽつ、見えますでしょうか?
ついに鷹柱を見た!っていう瞬間なのですが・・・初日、峠に到着直後。

20190926_2070.jpg
初日、最後近くサービスよく、観察場所の近くで上がってくれた鷹柱の一部。

20190926_2012.jpg
サシバ。

20190927_1845.jpg
お腹(嗉嚢ソノウ)いっぱいで飛んでいくハチクマ。

がメイン。

あと、

20190926_1985.jpg
二日めはノスリが割と多く。

ほか、猛禽としては、オオタカ、ツミ、ミサゴが飛びましたが、近所に住んでいる渡らない個体も混じっていたかも。

ハチクマなんかは、3万キロも飛んでボルネオやらスンダ列島の先の方まで冬を過ごしにいくということで、「行ってらっしゃ〜い」と見送るばかり。ご無事にね!

しかし、何しろ、普段「飛びもの」なんか撮ろうともしたことのない人が、いきなり、手持ちカメラじゃ無理だわ(笑)。

大砲級のレンズをつけたフラッグシップ機、それを合わせたよりさらに重いであろう三脚になにやらすごそうな雲台でばっちり構えたおじさんたちは伊達じゃなかった(たぶん)。でもなんで迷彩柄コンバット仕様のお姿が多いのかは謎っす。そして、峠へのアプローチ、ラスト20-30分の山道を担ぎ上げる根性にはびっくり。

「信州タカ渡り研」の白樺峠速報、によると、今季一番の記録を出したのが25日で3千羽超え。わたしの行った26日が1875、27日は380羽のカウントだったので、きっとわたしも2千羽近く見ているはず。ビギナーズラック! 何ヶ月も前に申し込んだツアーだけに、その日に飛ぶかどうかは本当に運次第。
また、行きたいとも思うけど、こんなに飛ぶ日には二度と会えないかも。
(写真は諦めて、双眼鏡かスコープに力を注いだ方が心穏やかに、楽しく、というのを今年の教訓に)


20190927_1021.jpg
長い暑い暑い夏が終わって、前々からの憧れの白樺峠に「タカの渡り」を見に行ってきました(9月26日と27日で、一泊二日のツアーに乗った、なんせ車がないので)。

20190927_1031.jpg
二日めの朝に宿の周辺での探鳥や、峠の「鷹見の広場」でタカの出ない間に小鳥あそび。
エゾビタキやオオルリ(綺麗なオスも、メスも、半分青い若い子も)はミズキの実を食べに。

20190927_1033.jpg
あちゃこちゃにカケス。

20190927_1083.jpg
顔がシマシマのカワガラスの幼鳥。

20190927_1679.jpg
サメビタキちゃん。

ツアーの公式記録としては37種(もちろん運悪く私が見てない、聞いてないのも含む、笑)。帰りのバスから見た、ハシボソガラス、スズメ、ムクドリも加えれば40種。天候にも恵まれ、特に1日めにはタカもどっさり飛んで充実したツアーでした。
というわけで、次回(いつ?)に続く・・・

鳥の絵 ツミ 

| コメント(0) | トラックバック(0)
tumi20190919tumi.jpg
あんまり長いことカメラに触らなかったので、絵の元になる写真が払底。
以前に、羽を描くのが大変そうなので頭部だけ描いてごまかしたツミ君に再挑戦しました。
まあまあ・・・こんなもんでしょうか( ´ ▽ ` )

その後、エゾビタキとかキビタキとか、秋の渡りの子たちにやっと会えたので、しばらくモデルありです。

kawasemi20190829-4.jpg

kawasemi20190829-3.jpg
8月の後半はカワセミばかり描いておりました。一種を集中して描くと上手くなるかはともかく、どこがどうなっているというのは、だんだん見えてくるようであります。

昔の人は、写真とかないのによくあんなに描けたよね!と感嘆するわけですが、昔は散弾銃でどっさこ撃ち落として、その死体を好きなようにポーズつけたり、触ったり動かしたりしながら描いた・・・ということもあるわけですね。

kawasemi20190829-5.jpg
↑植物もちゃんと描けないといかんのお〜。

数年ぶりにしっかり腰やっちゃったので(変形性腰椎なんたら)、涼しくなっても、またカメラ背負って歩けるようになるのかが心細い今日この頃。

kawasemi20190829.jpg
去年の8月末にお絵かき開始したと思うので、ちょうど1年ほど。
今回はちょっとふんいきを変えてみたつもり。iPadさんのおかげ様。

そろそろ元にする写真が尽きてしまいました。
今日こそは、鳥見!と思ったら雨だし・・・

月別 アーカイブ



↑少しよく撮れた写真は、こちらに投稿してますのでヨロシク♪

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自然系:近くの公園と狭いベランダ〜で鳥と緑カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは解体現場です。

次のカテゴリは食べる:エスニック好きです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。