2018年6月アーカイブ

20180612-360.jpg
ベビーラッシュという写真がのせれるほどは観察できていないのであります。
最初の家族は生まれた5羽のヒナがいつのまにか4羽に。
近くで3羽生まれているとの話は聞いて、あとさらにこれから孵る巣が2箇所あるのかな。
ということで、まだチャンスはありますね。
20180602-201.jpg
ごくときどきですが、森のなかで運がいいとエナガの群に遭遇。この群は20羽ぐらいはいたようなので、2家族以上が合体してたのかな。
くちばしの上のボンボンのような白い毛は、新しい大人の毛が生えてきてる? 赤ちゃんの産毛が残っている?

20180602-327.jpg
尻尾だってこんなに長いし、餌も自分で採れてるようですが、

20180602-389.jpg
でも、やっぱり親のあとをおって、なんかもらえないかな〜って、

この時期、エナガの大人たちは、子育てでへとへとぼろぼろな、洗ってないぬいぐるみみたいになっちゃってますので写真アップ自粛。
プチ遠出、ほんの森の入り口までタッチ&バック・・・尻尾の長い子のいるところまでは寝坊のため行き着けず。

20180529-506.jpg
林の中を薄茶色で、大きな鳥がふわっと飛んで・・・ありゃ、こりゃなんだか分からないよ。もやもやしたまま帰るのかな、悔しいな。

と思ってしばらくしたら、またふわっと別方向へ、山の向こうへ。

うーん、えっちらおっちらあの一峠越えれば会えそうな、でも会えなかったら、これまたたいへん・・・と思っておりましたら戻ってきてくれました。

このお目々ちゃんの顔はノスリと思われます。黄色いお腹のトカゲを飲み込みました。
野も擦るけど、林も擦るのね。

20180529-659.jpg
キビタキ雄は、地面におりては虫を捕まえてました。最後はなにか咥えたまま飛んで行ったので、近くにお子様か。

20180529-584.jpg
虫を口いっぱい咥えたままのキビタキメス(たぶん)にもいっぱい叱られたので、退散。
このお二方のいた場所はちょっと離れてたのでペアかどうかは分からず。
20180520-346.jpg
数回前にアップしたカワセミのヒナの巣立ち一週間後。結局5〜6羽が出てきたとの噂。
最初、反対側に首をひねって見上げてくれた時はたいへん愛らしい感じだったのですが、カメラの準備ができたら険しいゴルゴ顔になっちゃいましたん。

20180519-109.jpg
また、なんだかスターウォーズっぽい?

20180520-011.jpg
一応「飛び出し」?

20180519-007.jpg
胸のにごり以外はけっこう大人っぽい。

20180520-102.jpg
親がザリガニを自分で食べちゃったので不満なわけです。

20180519-067.jpg
くちばしの短いところがカワイイかな。

このもう一週間後には、雄親とヒナ一羽しか見つけられませんでしたが、例年2番子まではいくし、場合によっては三番子まで?

月別 アーカイブ



↑少しよく撮れた写真は、こちらに投稿してますのでヨロシク♪

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。