2019年7月アーカイブ

oshidorihina2.jpg

動物園のケージのなかで生まれたオシドリの赤ちゃん。
今年は二組のみ。

数年前までは、池にもときどきオシドリの赤ちゃんが現れていたのですが・・・
木からジャンプする巣立ちをついに見ることができなかったのは残念でした。

oshidorihina.jpg

カルガモの赤ちゃんより毛足が長いかな。

池付近で繁殖していたオシドリもまったく野生というわけではなく、「オシドリ千羽計画」なるものが動物園で行われていた時代に、どんどん放鳥されていたものの名残とやら。

園長さんが変わるたびに、その人のお好みによって、オシドリ千羽だの、日本リスどっちゃりだのにそれぞれ舵が切られ、「もう◯◯◯は増やすな(積極的に繁殖させるな)」ということになるらしいと、森の噂(^ ^)

sijukara-1.jpg
エナガのひなの騒ぎが終わると、延々とシジュウカラの巣立ち雛の声があちこちから。
うちの近所ではスズメよりずっと多いイメージ。

この子は、水浴びをしたかったらしく、水たまりの上で、体をぷるぷるさせていたんですが、「しゃがんでから」ということを知らず、ぜーんぜん水には触れてませんでした。まだまだね。

sijukara2.jpg
とか

sijukara3.jpg
なんやらおデブちゃんの力士っぽい兄弟。兄弟からエサもらえると思ってないか?

karugamohina.jpg

だいぶ更新の間が空いてしまいました、が、現実逃避のお絵かきは続行中^ - ^

今年会えたカルガモの親子は3組。
孵りたててであればあるほど可愛いです。

kakrugamohina2.jpg
ね、僕キュートでしょ!

月別 アーカイブ



↑少しよく撮れた写真は、こちらに投稿してますのでヨロシク♪

このアーカイブについて

このページには、2019年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。