Frog's Blog かえるのブログ 過去蔵 現在進行形のブログはこちらへ
2003年9月〜2008年9月前半の記事を月単位でお蔵入り。 長くて重くて、リンク切れあり。コメントもだめ・・・とほほ。検索は下のgoogleをご利用下さい。
Google
WWW を検索 luckyfrog.com を検索
Special!:ポルボロン(最初のエントリ)
2003 9月 10月 11月 12月
2004 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

October 14, 2003

■ポルボロン

20031013-2.jpg

吉祥寺紅茶屋さんリーフルのポルボロン。
ポルボロンの詳しいことはこっちに去年まとめたレポート

渡し損なった分を結局自分で食べてしまった。
思い出のポルボロンに比べると、焦がしすぎ、シナモン強すぎかな。
もっともっとあえかな味の、指先でもっただけで崩れるような、真っ白なお菓子だった。
ゆっくりゆっくり作ったらあれに近づかないか?

日本ポルボロン普及協会会長を名乗ろうかな。
いっぱい普及させたらスペイン観光局からポルボロンの旅に招待されないものか。

mantecadoという名前のポルボロンのショートニング部分をラードにしたような強力高カロリーなお菓子もあるらしい。
それを売っているらしいスペインのお店
包み方はポルボロンと一緒に見えるもの。

投稿者 frog : October 14, 2003 04:59 PM
コメント

最後の2つは当日歩いている間に溶けてしまっていました。
ポルボ=粉・ロン=ホロリとくずれる、と名は体を現すそう。
ともあれ、とても上品かつ繊細な美味しいお菓子でした。

Posted by: kuro : October 15, 2003 03:21 PM

そうなんですよ、崩れやすいの。
だからとらこさんに送らないで自分で食べてしまった・・・といういい訳に^^;)

Posted by: かえる本人 : October 15, 2003 04:49 PM

リーフルのポルボロンいただきました。
美味しいんですけど、あの味とはやはり違いますねー。
もっと渾然一体となった優しい味だったと思います。
リーフルのはお粉がショリショリします。

Posted by: torako : October 26, 2003 08:07 PM

どうも!
昨晩はちょっと飲みすぎ(失礼)。今日はまったりとマックのデータと設定を移してました。
幸せな日曜日!?

リーフルさんのは、やっぱり香ばしさを追及しすぎ。
あれじゃ、焼き菓子ですよね。
かかっている砂糖以外は茶色いし。
食べたいなあ「ホンモン」!!

Posted by: かえる本人 : October 26, 2003 08:22 PM

ひょっとして、日本でポルボロンを探しています?
アメ横センタービル地下1F、野沢屋さんのポルボロン(フィリピンからの輸入品)は、スペイン→フィリピンに渡ったポルボロンだと思いますが、リーフダージリンさんのよりはスペイン寄りじゃないかと・・・ (^^)/

Posted by: はつ : February 16, 2004 04:06 PM

はつさん、はじめまして、情報ありがとうございます。

ポルボロンは、前にかなり追求しまして、
http://www.luckyfrog.com/ethpara/diary/020117.html
こんな感じです。

スペインに行ったこともないし、
もちろん、スペイン直輸入のも食べたことがないのですが、
あの固いがちがちのポルボロンの方が
スペインのに近いのでしょうか!?びっくり。

スペインでも2系統あるのあかな。
よろしかったらお教え下さい。

Posted by: かえる本人 : February 16, 2004 04:40 PM

オぉッ、失礼しました !
私はスペインで食べたポルボロンを思い出して、あの味をどこかで又食べれないかと検索していたところ、こちらのページに出会い、
私と同じように探している人!と早とちりをしてしまいました。
色々、研究を重ねられてこられたのですね。

私がマドリッドで食べたボルボロンは、リーフさんのものともフィリピンのものとも違います・・・リーフさんのは、日本の湿気のせいでしょうか、しっとり気味。スペインのは、もっとからりとした空気を含んだ感じでした。
今週買いに行こうと思っている、麹町パティシェ・シマさんのが、写真で見た感じでは、一番近そげなのですが・・・
でも、あの口当たり、サラリとした感じの砂糖菓子って、スペインでは多いような気がします。
(ケーキにも、よく似たものがありました。短い滞在だったので、詳しくはないのですが。)

暫くボルボロンにハマっていると思いますので、また寄せて頂くかもしません。
色々な作り方があるのだと思いますが、思い出の味、大切にして下さい。

では。

Posted by: はつ : February 17, 2004 09:27 PM

なるほど「もっと空気を含んだ感じ」ですね。
ぜひ、近い感じのを見つけたらお教え下さい。

スペインに行って食べてみたいです。
スペインでも特定の地方の名物なんでしょうか?

Posted by: かえる本人 : February 18, 2004 10:09 PM

リーフルで秋になるとこんなお菓子を出していたんですねえ。知らなかった…

そしてボルボロン。未知なるお菓子だわ。おいしそうっ。

Posted by: ayano : February 19, 2004 02:32 AM

ayanoさん、
まあ!まだでしたら、ぜひぜひポルボロン試してみてください。
ミルクティーと合わせて幸せの味がします。

って、スペイン人はいったい飲み物はなにを合わせるんだろう?
疑問だ。

Posted by: かえる本人 : February 19, 2004 11:31 AM

ボルボロン,六月までリーフルで売ってるんですね。
行かなくちゃ!吉祥寺!!

そうそう,合わせるドリンクは
http://www.cafeglobe.com/news/dailynews/dn20001221-03.html
ここによると,甘いリキュールみたいですよ。
やるなあ,スペイン人。(笑)

Posted by: ayano : February 19, 2004 10:20 PM

やるなあ、スペイン人!!

ラードでつくるとかなり高カロリーの別のお菓子になりそう。
そう、思い出の光塩のポルボロンは、真っ白ほろほろでした。

すごーい厚い鉄板とか使って、
湿度20%位の日に、
ものゆ〜〜〜〜っくり作ったらああできないものかな・・・
と、夢想だけはしているのですが。

Posted by: かえる本人 : February 20, 2004 03:10 PM

思い出の光塩のポルボロンは、柔らかなまろいお味のお菓子でした。
京王デパートの全国の修道院のお菓子ばかり売ってるコーナーで
ひっそりと売られてました。
あー、もう食べれないと思うと悲しい。
確か10ヶ位入って500円とかそんなお値段のお菓子でした。

Posted by: とらこ : February 20, 2004 09:17 PM

思い出のボルボロンだったら、
「空気を含んだ軽い感じ」と認めてもらえたかもですよね〜。

あれは、立派な文化遺産なのだから、だれか継承してくれないかなあ。

どなたか、光塩に入れるような女の子や姪っ子をお持ちの方募集!!

Posted by: かえる本人 : February 21, 2004 11:12 PM

再びお邪魔です。

麹町のお店に今週行けなかったので、かえるさんが書いておられた、ミュゼ・ド・ショコラ・テオブロマに自転車飛ばして行ってみました。
(たまたまご近所 (^.^) )

う〜ん、美味デス! シナモンが日本的(まるで八橋)でしたが、ポルトガルのポルボロンも、捨てたもんでなか、と感心。
(写真mailさしあげてもいいのですが、粉々はなく、見た目ふっつ〜のクッキーです。
手帳サイズくらいの厚紙の上にチッチャく6つのっかって300円でした。)
なかなかッスよ。

私がスペインに行った時は、濃〜いスペインコーヒーと飲んでましたねぇ。
リキュール・・・それもありがちデス、生クリームのリキュールとか・・・(げろ甘)

お邪魔しました。

Posted by: はつ : February 22, 2004 12:45 AM

はつさん、情報ありがとうございます。
ポルトガルタイプなんですね。

あんまりシナモンが強いのはちがうような気もするけど、
ポルボロンと別物!と思えば美味しいお菓子そうです。

わたしも冬が終わっちゃう前に、いくつか試してみようかな。
と、だんだん燃えてきました。

Posted by: かえる本人 : February 23, 2004 12:38 PM

同じポルボロンに、同じように思い入れている方がいて、感激です。私も30年近く前、光塩日野幼稚園のバザーを楽しみにしていました。もちろんポルボロンを食べるため。ゲットした後は毎日大事に1つずつ食べていました。うす甘くて、いつのまにか口からなくなってしまう、はかないお菓子でした。やはり今は手に入らないのでしょうか? 近頃はほうぼうの店で作っているようですが、買ってみては硬くてガッカリしています。ネットで見ても「ポルボロ」という名前でずいぶんあります。あー、また食べたいですね。

Posted by: まつぼん。 : March 18, 2004 12:31 AM

まつぼんさん、こんにちわ!
また一人ポルボロン・ファンが、カミングアウトで嬉しい♪
しかも「光塩」のあれをご存じとは。

売らなくなった理由は、作れるシスターが高齢のため・・・
という噂なので、だれか後継者がでないとだめですねえきっと。

子供をいまから作っても間に合わないし、
シスターになるにしても、出家したい原因がお菓子の作り方を習いたい、じゃ、受け入れてもらえないだろうなあ。などと・・・

Posted by: かえる本人 : March 18, 2004 10:33 AM

ふえ〜ん。光塩のポルポロンもう無いんですね。
今、母とポルポロンの話しになってネット検索し、これも、あれも違〜う!!って思い、やっとこさここのpageに出会えました。
京王に電話しようと検索始めたんです。
でも・・・。もう無いなんて・・・(*_*)。
というか、あのお菓子は光塩で作られてるものの商品名だと思っていたのです。

でも、あれがスペインのお菓子と知ってちょっぴりハッピー(^o^)
というのも来週からスペイン行くんです。スゴイタイムリ〜!!普通のお菓子やさんに売っているんですかね〜??
ここの光塩のポルポロンの味を知っている人に買って来て上げたい気持ちですぅ

Posted by: やってぃー : September 19, 2004 09:49 PM

やってぃーさん、はじめまして。
光塩ポルボロン・ファンの集いにようこそ(笑)。
光塩のものは、残念ながら・・・なんですが、スペインにいらっしゃるんですね!とってもうらやましいです。
ぜひ、むこうでいろいろ探求してみてください。スーパーで売っている駄菓子みたいなのからあるらしいです。ぜひ、あの味を!

Posted by: かえる本人 : September 20, 2004 10:32 AM

はじめまして!!
秋も深まり、バザーの季節。
そういえば、光塩のバザーももうすこしだろうな・・・。
そういえば、ポルボロンまた食べたいな・・・
っと思い、検索してここにたどりついたもと、光塩生のものです(^^;;)

っと、いっても、引越しを繰り返し、すっかり、光塩とは縁が切れてしまい、もう、案内もなにもこないのですが。

光塩生だったころは、当たり前のように食べていたお菓子。
いまでは、すっかり思い出のお菓子になってしまいました。

好きな人がこんなにいるなんて、なんだか、うれしい!!

食べたいですね〜ポルボロン〜。

Posted by: 真穂 : October 20, 2004 05:54 AM

はじめまして!
時々ポルボロンで見つけていらっしゃる方がいるのです(笑)。みんな求めています!「あたりまえのように食べていた」なんて、とっても羨ましい。

光塩のバザー、いつか学校に電話してみたら、関係者しかはいれないのですよね(在校生と卒業生とか校友とか・・・)。どっかで女の子レンタルして、来年入学希望の者です・・・とか言えば入れるのかなあなどと夢想しましたが、もうポルボロンそのものを売っていないらしい。どなかた跡を継いでくれないかなあと思っています。

Posted by: かえる本人 : October 20, 2004 10:56 AM

はじめまして。いきなり参加して申し訳ございませんが三重県にある志摩スペイン村でポルボロン売ってますよ。ホームページでも販売してます。本場スペインの物と比べるとやはり焼き菓子にちかくなってますが・・・6種類くらいの味(シナモン、イチゴ、チョコ etc)もしよかったら一度ホームページみてください

Posted by: タカ : November 6, 2004 05:44 PM

はじめまして、情報ありがとうございます。

http://www.parque-net.com/
ですね。ネットでポルボロンを探し調しはじめた頃、あるという噂は・・・
しかし、イチゴ味、チョコ味!!!増えていました。
残念ながらどんどん違う方向に突き進んでいるかも。
お土地柄、チョコ味の次はアンコ載せた赤福バージョンが出そうな気もします^^;)

しかし、志摩スペイン村、10周年なんですね。
ハウステンボスもたしか会社更生法がなんたら、シーガイアもなんたら、の中でよくがんばってもっていますね。楽しい施設なのかな?


Posted by: かえる本人 : November 7, 2004 09:17 PM

山口県の萩光塩学院では、毎年11月23日のバザーでポルボロンを販売していますよ。
小さなころから私は年に一度のポルボロンを楽しみにしていました。いまだになつかしい思い出のお菓子です。でも、数年前、フィリピンのポルボロンをいただき、そっちのほうがおいしいかも、とひそかに思っています。
思い入れはだんぜん違いますけど。

Posted by: くり : November 21, 2004 12:02 PM

つづき・・・
そういえば、あさってバザーです。
萩光塩を卒業して十数年。毎年、何らかの方法で買っている私。友人たちは意外と嫌いなのですが、私は、あの感触が大好き。そして、その昔、はじめて先生にもらって食べたときのわくわく感が忘れられない。
さっき、別のネットで、ミント味のポルボロンを発見しました。ミントも大好きな私は、もう大変!

Posted by: くり : November 21, 2004 12:11 PM

くりさん、はじめまして。
情報ありがとうございます。山口、萩ですか!!ええ〜ん(泣)、志摩スペイン村より遠いいですね。
萩光塩は、東京の光塩の姉妹校?同じ修道会?とかなのでしょうか。それだったら私の思いでのポルボロンに近いのかもと期待しちゃいます。あれ、ほかにも日本全国(!?)にあるのかな、検索検索・・・

Posted by: かえる本人 : November 22, 2004 10:42 AM

ポルボロン、食べたいなあと急に思って検索したらこちらに行き着きました。東京の光塩女子学院卒業生です。年に何回か配られる、この学院の母体修道会お手製のお菓子は、私もすごーく好きでした。今はバザーですらないとは!!知らなかった・・・。萩の光塩は姉妹校です。以前は日野の、付属幼稚園がある施設でポルボロンが購入できたような気がするのですが、もう全く作ってないのでしょうか。市販のものは焼きすぎて、クッキーになってしまっている気がします。あのほろりとくずれる食感がおいしいんですけどね〜。ああ食べたい。

Posted by: とびいり : January 12, 2005 12:20 PM

はじめまして!
よく光塩関係者のみなさんが、ポルボロンの検索でひっかかって寄ってくださいます(笑)。
おいしかったですよねえ!

外のものの勝手な想像では、あの作り方の秘伝をしっているシスターが年取られてしまったとか・・・かなあと。
ぜひ、卒業生のみなさんで、ポルボロン存続、復興運動をしてくださいませ。外の人が買えないまでも、技は伝えておいて欲しいなあ。
習いにいきたいぐらいです♪

Posted by: かえる本人 : January 13, 2005 10:35 AM

思い出したのですが、(光塩の)料理部が部活動であのポルボロンを作っていました。わたしも食べましたがちゃんと同じものでした。ということはレシピは非公開というわけではないと思います。しかもそんなに難しくないはず・・。先輩にあたる人が講師として勤務してるので、教えてもらえそうなら教えてもらって、こちらに記載できるといいなあと思っています。

Posted by: とびいり : January 13, 2005 12:54 PM

おおお、もし元祖レシピ教えていただけたらうれし泣きです。
お菓子は中学校以来ぐらいつくっていないんだけど、挑戦しちゃうぞっと。もし、チャンスがありましたらよろしく♪

ともあれ、ともかく立派な文化なので継承していてさえいただければ、いつか巡り会えるかな・・と希望をつなげます。
スペインの本場のも食べてみたいですよねえ!

Posted by: かえる本人 : January 13, 2005 05:48 PM

えー、しゅごいしゅごい!
レシピが分かったら、最近仲良しのお菓子名人に
焼いて貰えるよう頼んでみようかなあ。

でも、再現性で言えば、食べた事のあるかえるさんの方が
確実だなあ。

Posted by: とらこ : January 13, 2005 07:00 PM

お菓子名人にも焼いてもらって、わたしが鑑定指導いたしましょう(笑)。
と、トラタヌしてはいけませんね。

久しぶりにポルボロンで、検索をかけました。
リンクがきれちゃってわからなくなっていた、本物のページ見つけ直した。
http://www.propel.ne.jp/~sin-wave/sinboku/index2.htm
ううう、おいしそう!

こんな紹介も
http://www.nichinoken.co.jp/school/radar/0204_b/part8.html

あと、ちょっと興味深いのが、
麹町のイグナチオ教会。
http://www.ignatius.gr.jp/
活動グループ紹介というのを見ると「ポルボロンの会」があって
「毎週木曜日10:00より15時ごろまでポルボロンおよびアーモンドの作製。これを毎週日曜日の9:00のミサ後信者さん達に献金としてお分けいたしております。」と!!
うーん、でもポルボロン欲しさにミサに紛れ込むのは良心が・・・ねえ。だれかカソリックの方いらっしゃいませんかしら?

Posted by: かえる本人 : January 14, 2005 11:03 AM

子どもと同じ習い事をしている子が
先生にポルボロンたまに差し入れしてくれます。私も、先生からごちになるんですが・・


学校は、こちらで名前の出てくるところ。
お母様がお手伝いで焼いてらっしゃるんだって。お祝い事の際に配るんだって。
今度、レシピ聞いてみます!


Posted by: yama : January 20, 2005 08:28 PM

yamaさん、ありがとうございます。
もし、わかりましたらぜひ♪

ずーっと、インターネットの片隅で「ポルボロン」「ポルボロン」・・・とひとり唱え続けてきた甲斐があったかもです。
だんだん夢のポルボロンに近づいて参りました〜(笑)!

Posted by: かえる本人 : January 21, 2005 10:43 AM

かえる様、、
少し残念なお知らせと、お詫びが・・・
まず、あれから息子の習い事の先生に
ポルボロの作り方を教えてほしいので
そのこのお家にご連絡をとりたいと聞いてみると、

ポルボロはシスターが作っているということと、お母さまは、梱包などのお手伝いをしているみたいということそして、そのお母様はいま、体調を悪くされていると聞きました。

あ〜私の聞き間違いでごめんなさい!

でも、あきらめずにまた、光塩関係者たどって
きいてみますね!

ほんと、ごめんなさい!でも、いつかきっと!


Posted by: yama : January 29, 2005 01:27 PM

こんにちは。
静岡県浜松市にある「リープリング」というおいしいケーキ屋さんで柔らかく繊細な味わいの「ポルボローネ」が2個100円で売ってます。

Posted by: 杜 : January 29, 2005 10:00 PM

yamaさま
わざわざありがとうございます。ほんとに、もしチャンスがあったらぐらいで・・・m(_ _)m
でも、だんだん本家に近づいてきた感じで嬉しい(笑)。

社さま
情報ありがとうございます。うーん、浜松だとなかなかチャンスがなさそうですが、もし行くことがあったら絶対捜してみますね。
けっこう、日本中広まっているポルボロンでびっくりです。

Posted by: かえる本人 : January 30, 2005 11:28 AM

リープリング
これでみるとなかなか建物もすてき
http://www.rakuten.ne.jp/gold/autorimessa/town/taunn_taberu.html

http://www2.tokai.or.jp/saboten/life/shop.html

Posted by: かえる本人 : January 30, 2005 11:31 AM

こんにちは。情報を提供できるわけではないのですが、私も光塩出身者でポルボロンを探している者です。この掲示板に出会ったときは同じ思いをしている人がいるんだと本当に嬉しかったです!!何件かのポルボロンを食べてみましたがやっぱりあの懐かしの味と同じものはありませんでした。どうか、かえるさまがレシピまたは本物のポルボロンにたどりつきますように。。。

Posted by: わかば : January 31, 2005 10:16 PM

わかばさん、はじめまして!
ついに、このポルボロンのコメント40を越えました。みんなでぷつぷつつぶやき続けていれば、いつか「本物」に出会えるかもです♪
あのおいしさを布教しちゃいましょう^^;)

Posted by: かえる本人 : February 1, 2005 11:01 AM

かえるさん、こんにちは。リープリングは地元で評判のお店で、私も近くを通ると必ず行きます。神奈川の「リリエンベルグ」という有名なウイーン菓子店で働いていた方が出したお店なので、もしリリエンベルグでポルボローネを売っていたら、それに近い味だと思います。しかし断面は茶色く、光塩さんのみたく白くないので、かえるさんの求めておられるものとは違うタイプかもしれません。でもおいしいです。

Posted by: 杜(もり) : February 2, 2005 01:18 PM

杜さん、こんにちわ、ありがとうございます。
(この間、お名前間違えましたね、ごめんなさい!!)
神奈川ならまだ可能性ありまする。ウィーン菓子のお店なのですね・・・なかは茶色と、メモメモ。

うーん、壮大な「ポルポロンを探せ」エントリーになってきました!と自分でびっくり。

Posted by: かえる本人 : February 2, 2005 10:52 PM

子供の出産の内祝いにレピドールのポルボローネを使いましたので、ネットでポルポロンを調べていてここに辿り着きました。レピドールの味しか知らないのですが、機会が有れば是非他の味も試してみたいと思いました。皆さんがポルポロンがお好きという事で、知人にポルポローネを送った私としては、少々ほっとしてます。味覚に自信が無いので...。

Posted by: りんりん : February 8, 2005 11:43 AM

光塩のポルボロを食べたことのある人
(光塩関係者ではありません・・)
それぞれに聞いてみると
みんなあれは型でぬいているんじゃない?
という人が多し、、、

型で抜くのか・・それならと、、
ポルボロの作り方を検索してアレンジして、、、
‐麦粉をとにかく炒る。
(テフロンフライパンのほうが焦げずに〇)
30分ぐらいたって、粉っぽさがなくなって
香ばしくなってホロホロしてきたら
ボウルにとる
∧敢重をまぜる。
なめてみて、甘いとおもうぐらい。
バターを(粉の10分の1ぐらいよりやや多   め) 粉にまぜる。
ぎゅっと押すとどうにか固まるぐらい
し身瓦は無理だったんで、ラップで茶巾にしてぎゅっと絞ってみる

白くて口にいれるとホロホロ感はでました。
ポイントは粉の炒り具合。
よく炒れていないとだめです。

さっき作って食べました。
ただ、おなかに大丈夫かどうかは、
今の時点ではわからず、、


Posted by: yama : February 8, 2005 04:05 PM

りんりんさん、
ポルポロン・ファンの集いにようこそ(笑)。
レピドールのもなかなかおいしいと思います。白くてほろほろの感じとか、赤ちゃんのお祝いにぴったりでは♪
また、おいしいの見つけたら教えてくださいませ。

yamaさん
作ってみてくださったのですね!すごい!
わたしもはじめなくっちゃ(少なくとも夏はだめですね)。
想像:特に光塩のまっしろさは、炒りにコツがありそうな?ゆっくりゆっくりじっくりじっくりでしょうか。
想像:型に抜く・・・型に押し込んで整形みたいなのはどうでしょう・・・
想像:バターじゃなくてショートニングだったらもっとほろほろしないかなあ。
などと、妄想のみ。

光塩ではないバザーで買ったのは、2年目には「日持ちしない」という理由で消えました。
ということは、お店のはある程度日持ちさせるために、茶色くなるまで炒っているやも・・・・これも想像。
うーん、食べたい♪

Posted by: かえる本人 : February 8, 2005 05:37 PM

こんにちは。杜です。実を申しますと私、焼き菓子の製造販売やってます。中でも「ポルボローネ」は人気メニューの一つです。しかし私の作るのは、こりっとした歯ごたえがあり、しょりしょり感があるなか、口の中でほろっととろけて消えます。断面は茶色です。私はバターだけでやってますが、かえるさんお察しのとおり、ショートニングを使ったほうがほろほろ感がでると思います。私は生地をのしてクッキーの型で抜いて作っています。配合を少しかえるとまるで違った味わいになり、未だ試行錯誤中です。

Posted by: 杜 : February 9, 2005 12:25 PM

杜さん、こんにちわ。
おやあプロだったのですね!すごい!!
日持ちとか、輸送とか、考えると難しいものもあるかもしれませんが、ぜひスペシャルバージョンとして、真っ白ほろほろポルボロンも開発してください。

昨日、おもわず材料買いそうになってしまいました(笑)、入ったのがせこいスーパーだったので、揃わなかったので・・・

グラニュー糖より粉砂糖の方がよりほろほろ・・・?

http://www.cooks.com/rec/search/0,1-0,no_bake_polvoron,FF.html
↑アメリカのクックパッドみたいなサイトのレシピ

Posted by: かえる本人 : February 10, 2005 10:52 AM

かえるさん、こんにちは。私はプロという程のものでもなく、一人で作って売ってます。決してリープリングのまわし者ではありません。(笑)実は先日、この掲示板を見つけてから、光塩風の白いポルボロンを試作してみたのですが、白くなりませんでした。光塩のレシピ、誰か知っている方いたら教えて欲しい〜です。

Posted by: 杜 : February 11, 2005 06:15 PM

おお、開発できたら最初のお客さんにしてください♪(試作品も可^^;)
やっぱり「真っ白」にはなにか秘訣がいるのかなあ、じゃなかったら他のお店で売っているのにも、もっと「真っ白」多いはず・・・ですよね。
ブルガリア・ヨーグルトにくっついてくる粉砂糖がいっぱい溜まっているのに気がついたので、これで、なんとか、できないものか・・・(笑)。

Posted by: かえる本人 : February 11, 2005 08:33 PM

こんにちは、はじめまして。
ポルボロンという名前に導かれてきました。
不思議なお菓子ですね。初めて知りました。
いろんなトコロで売っているみたいですけど、かえるさんの忘れられない味光塩のポルボロがぜひ食べてみたいものです。
同じ味のお店が見つかるとよいですね。
ちなみに↓こんなお店を見つけました。もうご存じかもしれませんが一応。なんだか包み紙が同じ模様じゃないですか??真似してるだけで別物なのでしょうかね??

http://www15.ocn.ne.jp/~borudon/sub1.html

Posted by: ソラ : April 4, 2005 09:15 PM

ソラさん、こんにちわ、
ボルボロン友の会へようこそ♪
包み紙のもよう似てますね〜。元の修道会とか、宗派?とかから来ているのかもしれませんね。
ああ、また食べたくなってしまいました・・・・

Posted by: かえる本人 : April 5, 2005 11:15 AM

初めまして。私もポルボロンファンの光塩の卒業生です。
私が大学の頃まで、幼稚園の園長先生とお付き合いがあり、一度大きな箱で(50個位かな)頂きました。でも多分それが最後だったような…。本当にもう作れる方はいらっしゃらないのでしょうか?かえるさんが一番近いと思われたのは、どこのポルボロンでしたか?
もう食べられないと諦めていましたが、ここで沢山の方のコメントを見て、もう少し探してみたいと思いました。

Posted by: うさうさ : April 17, 2005 01:24 PM

はじめまして〜。大箱のポルボロンなんて、なんてすてきな!
うーむ、似ている・・・というとどれも一長一短というか、難しいなあ。光塩以外のは、なんか目指すものが違うのです。クッキー風というか・・・
おいしかったのは、金沢の和菓子風だったりします。

Posted by: かえる本人 : April 18, 2005 11:21 AM

今日、東京の高円寺にある光塩の文化祭に行き、レシピもらいました。ただーーーーーし、これがその真っ白、まぼろしのもののレシピかどうかは分かりません。というか多分違う気はします。

Posted by: レシピもらいました : April 24, 2005 04:23 PM

うーーん、やっぱり違いますね。何故ならば、もらったレシピは、実は:

http://kurashi.hi-ho.ne.jp/diet/cooking/recipe09/recipe480.html

と同じ。でこのURLの写真は茶色いから。残念....。

Posted by: レシピもらいました : April 24, 2005 04:32 PM

ちょっと調べてみましたが、例えば、

http://www.cooks.com/rec/doc/0,1713,145173-233199,00.html

なんかで見ると、

(1) オーブンで焼きますというレシピと、

(2) 型で抜いたら出来上がり
(バリエーションとして、冷蔵庫で冷やせ、いやぼろぼろになるから、むしろ凍らせろ、とかキャンディーのように包めとかありますが、要はオーブンで焼かない)

というレシピとありますね。

オーブンで焼いたらクッキーみたいにこんがりきつね色になるんじゃないでしょうか?真っ白というのは焼いてないんじゃないでしょうか?もっとも、最初に小麦粉をきな粉のようになるまでオーブンで焼くとかフライパンで焦がさないようにから煎りします、とかスタートで、いきなり色が付く気もしますが....

例えば:

1 1/2 c. all-purpose flour
小麦粉1.5カップ(但し日本と1カップの容量がそもそも違います。これは米国の計量カップの話)
3/4 c. sugar
砂糖0.75カップ
1 c. powdered milk
粉ミルク1カップ
1 tsp. lemon extract
レモン汁大さじ(但し日本と大さじの容量が違います)一杯
1/2 lb. butter, melted
室温で柔らかくしたバター0.5ポンド

Toast flour in frying pan until light brown, stirring constantly over moderate fire. 小麦粉をフライパンでうっすら茶色になるまで、弱火で常にかき混ぜながらから煎りします。

Remove from heat and cool. 火から下ろして冷まします。

Then add sugar, powdered milk, lemon extract and melted butter. 砂糖、粉ミルク、レモン汁、柔らかくしたバターを加えます。

Mix well and mold, using polvoron mold.
混ぜて、ポルボロン型を使って型抜きします

Wrap in wax paper and serve.
蝋引きの紙に包んで、供します。

...というようなバージョンだと、焼いてないです。

Posted by: レシピもらいました : April 24, 2005 08:19 PM

一番最初に小麦粉をきな粉色になるまで、ではないレシピもありますね。最初に小麦粉に色をつけるなというレシピ。これで焼かなければ真っ白なんではないかという気もしますが、しかし、小麦粉に火が通らず、食べることができない物体が完成するかも知れません(^o^;)。


http://cookpad.com/yukagrant/index.cfm?Page=recipe&RecipeID=33586&Mode=full


オーブンを160度に余熱する天板にシートを敷いて小麦粉を平らに振るい色がつかない程度(20〜25分)焼き完全に冷ます*オーブンによって多少違いがあるので熱が弱い場合の物は小麦粉を間をおいて混ぜて焼くといいです(ホントにここがpointです)

Posted by: レシピもらいました : April 24, 2005 08:35 PM

ごめんなさい。考えてみたら、日本語訳不適切でした。

1 tsp. lemon extract
レモン汁大さじ(但し日本と大さじの容量が違います)一杯

と書いてしまいましたが、レモン汁は間違い。正しくはレモンエッセンスとでも訳すべきでした。バニラエクストラクトはバニラエッセンスですよね。それと同じで。

Posted by: レシピ : April 24, 2005 08:38 PM

こんにちわ!レシピいろいろありがとうございます。
光塩で配られたレシピは、ご家庭で簡単にできるバージョンなんでしょうか。
ともかく、粉をいるところで、色を付けずに火を通すところをクリアーすれば、あとは火が通っていなくても大丈夫な材料かなあ。
そうしたら、抜くところで食べてみて、OKなら完成・・・違ったら焼いてみる・・・でしょうか。
いよいよGWに挑戦してみたいと思います。っていうか、材料買ったままなのでどうにかしないと>自分

ポルボロンいろいろ検索しているときに、どこで見つけたのかわからなくなってしまったのですが、「お母さんたちがいつもバザーのポルボロン作りを手伝って、小麦粉を2時間中華鍋で炒るのがすごいたいへんだった・・・」というようなことが書いてあるブログかなにかを見かけました。つまり・・・とても・・・たいへん・・・^^;)

Posted by: かえる本人 : April 25, 2005 10:43 AM

>光塩で配られたレシピは、ご家庭で簡単にできるバージョンなんでしょうか。

分かりません。

分かりませんが、このレシピは「光塩の」とは決してうたっていたわけではなく、「スペインの」文化の紹介のような展示を生徒さんがやっておられて、そこで生徒さんにいただきました。

ですので、おーーーーこれがひょっとかして、幻の!!!と私は思ったわけですが、ちょっと調べてみると....というのが一連の投稿でして、多分、私自身の勝手な早とちりなのではなかろうかと思います(T_T)。

混乱を招いたのであればすいませんでした。

小麦粉がきな粉のような色になるまで火を通して、でスタートするレシピには、型抜きしてから(あるいは丸めてからとかいうのもあったかもしれません)、必ずしも、オーブンで更に焼かないというレシピはあるように思います。

しかし、最初、小麦粉に色がつかない程度の加熱でスタートして、はたして、型抜き後、最後、オーブンで焼かないで小麦粉に火がそれでも通って、食べられるものになるのかは疑問ですね....。

最初に小麦粉に色をつけず、最後にオーブンでも焼かないとなると....そりゃ小麦粉が生じゃなかろうか、という気はします。それなら食べられないんじゃないでしょうか、と。

作ったわけではないので分かりませんが。。。。


Posted by: : April 29, 2005 02:57 AM

現在焼成中 :−)
だめです、焼く前から茶色い・・・違うみたい・・・
アーモンドプードルの色がだめ、もっと芯だけのとか、真っ白のがあれば・・・

Posted by: かえる本人 : April 29, 2005 11:25 AM

>ほかにも日本全国(!?)にあるのかな、検索検索・・・

もしかすると

http://www.mercedarian.com/que/que_japan.html

なのかも知れません....。

Posted by: レシピもらいました : April 29, 2005 07:32 PM

>アーモンドプードルの色がだめ

入れなくてもよいのかも知れませんね。

Posted by: yama : February 8, 2005 04:05 PM
でもいれてないですし、

Posted by: レシピもらいました : April 24, 2005 08:19 PM
でもいれてませんよね。

Posted by: レシピもらいました : April 29, 2005 07:35 PM

写真で見る限り....

https://www.hakodate.or.jp/cgi-win/order/view02.exe?order/order.ini+gotoken+0038

けっこう白っぽい気はしますが、実物どうなのか....。

Posted by: レシピもらいました : April 29, 2005 07:47 PM

3分クッキングでもやってたんですね....

http://www.ntv.co.jp/3min/old/0103/0310.html

Posted by: レシピもらいました : April 29, 2005 08:05 PM

うちのママンも萩の光塩の卒業生で、
ポルポロンの大ファン。
去年の1月、私も初めて光塩ポルポロン戴きました。不思議な食感に驚き!でも、正直ものすごく美味しいとは思えませんでした。ただ、この味わいに懐かしさをおぼえ、時折口にしたくなる気持ちは分かります。
親戚に光塩の関係者がいるので、もしレシピ
手に入りましたら、お教えできるかと・・・。

Posted by: あーみん : May 1, 2005 11:35 PM

あーみんさま、はじめまして&ようこそです♪

ちょうどちょうど、一昨日作った自作の写真を新しいエントリーにアップしました。

というわけで、みなさま、ポルボロン追求、新エントリーにつないでいただければ嬉しい!

http://www.luckyfrog.com/mt/archives/000789.html
ええと、これでちゃんと貼れているのかな。

Posted by: かえる本人 : May 1, 2005 11:43 PM

始めまして。私は、3年前より田園調布の駅近くにあるケーキ屋さんレピドールのポルボローネのとりこになっているものです。ゴマ・シナモン・抹茶のなかでシナモンが一番好きです。御礼に使ったり、贈り物、お祝いに使っています。渡す人には、そっと持ってくださいと言い添えて、食感のよさを強調しています。一番おいしいと思っていたので、更にほろほろの光塩のポルボロン気になって仕方ありません。
ポルボローネで検索していたので、ここに行き着くまで時間がかかりました。まだ試していない気になる商品も出ていましたので、早速試食したいと思います。

Posted by: ぶーちゃん : June 3, 2005 09:47 PM

ぶーちゃんさま、こんにちわ、
ポルボロンファンの集いにようこそ♪
レピドールもなかなかおいしいんですよね、シナモンが一番原型に近いと思います。ただ、幻の光塩バージョンと比べると少しクッキーっぽいのです。
また、おいしいの見つけたら教えてください。

Posted by: かえる本人 : June 5, 2005 10:38 AM

はじめまして。
光塩幼稚園を卒園してから30年近くたった今でも、自分の人生の中で一番美味しい食べ物は、あの幻のポルボロンです。 こちらを知って、こんなに多くの同窓生があの味を求めているとは・・・何だか嬉しくなっちゃいました。今まで自分で作ってみたり、スペインで似たものを買ったりしましたが、・・・ダメです。あの味は特別ですよね。なんとかならないものですかね。これからもこちらを時々チェックさせてくださいね!みんながあれに再会できることを願って・・・。         

Posted by: 光の子供 : June 7, 2005 02:43 AM

はじめまして♪
また一人ファンの方登場! ようこそです!
そうか、スペインで試されたのもあれとはまた違うものだったのですね。
あれは、やはり、なにか特別な魔法のかかったお菓子なのかな。
こうやって、騒いでいれば、いつか作り方を知っている方がひっかかってくれないかなと、気長に追求をつづけます・・・^^;)
よろしくお願いいたします。

Posted by: かえる本人 : June 7, 2005 10:57 AM

初めまして、こんなにポルボロンのお話が夢が膨らむように
広がっていて嬉しく思います。
私はほんの2〜3年ほどまえに子供を、光塩女子学院幼稚園を卒園させた母でございます。
本当にポルボロンは懐かしいお味でそしてなんとも幼稚園の
想い出がいっぱいつまったお菓子でございます。
光塩の修道院の方で作られているのですが、おききしたおはなしですとあまり今は作られていないみたいです。
ただ幼稚園のお祝の行事などには今でも頂きます。数がおおくだと生産ができないのだと思います。
運動会だったか、お誕生日月のお子さまのお誕生お祝や、卒園のときにはいただいた記憶があります、、。なにか最近のことなんですが
はっきり覚えていなくてすみません。クリスマスにはひとりずつ
ケーキのお持ち帰りがあるのでその時にはポルボロンは頂かなかったです。
あの光塩のマーク入りの真っ白なお品は頂く時に、ただ美味しいとかそういうだけでなく、イエス様のお教えのもとに本当に感謝しながら有り難くいただいた記憶があります。とっても上品な
お菓子ですよね。本当に大好きです。
光塩はスペインの修道会なので他のフランスの修道会とはまたひとつ違ってスペインの伝統がのこっているのです。
光塩のバザーは本当に在園中も手作りのバッグやらお弁当袋
手刺繍など母親も大変お勉強になりました。
懐かしいポルボロンとてもHPうれしゅうございました。

Posted by: 光塩ポルボロン大好き : June 15, 2005 01:17 AM

はじめまして!
お嬢さん、きっと光塩でとても幸福な幼稚園を過ごされたでしょうね。子ども時代の幸せな想い出は一生の宝物、たくさんのポルポロンともどもうらやましいです。

クリスマスには、どんなケーキを持ち帰りされたのでしょう?
それはそれで、スペインの伝統的な美味しいお菓子でしょうか、などともっぱら食い意地と好奇心ですが、もし覚えていらしたら、よかったらお教え下さいませ。

Posted by: かえる本人 : June 15, 2005 10:29 AM

お返事ありがとうございました。
クリスマスのケーキは毎年小さいホールケーキを
ひとりひとつずつ頂きました。
ケーキの方はスペインのものではなく荻窪か西荻窪あたりのケーキ屋さんのものを配達していただいていました。
本当に可愛いまあるい小さなケーキです。
お家にかえってから家族で本当に小さくですが切り分けて我が家はいただいておりました。味は生クリーム味でした。
バタークリームではなかったです。お店のおなまえ思い出したらまた書き込みますね。
今後とも宜しくお願いします。

教会関係ではポルポロンは購入できますよね。
私もよく教会の御ミサのあといただいてきます。
味も光塩のものに近い感じがいたします。

Posted by: 光塩ポルボロン大好き : June 15, 2005 10:45 PM

こんにちわ、お返事ありがとうございます。
そうですね、クリスマスケーキは、たぶんあんまり素朴な伝統的なのより、普通にかわいいほうがお子さんも喜びますね。

教会でボルボロンですか、貴重な情報です!
そうそう、四谷のイグナチオ教会でも、ボルボロンがあるという情報は少し以前に・・・
ただ、光塩にはぜんぜんご縁がないし、ましてはクリスチャンでもないので、さすがにお菓子目当てにミサに潜入というのはいけませんね。道遠し・・・

Posted by: かえる本人 : June 16, 2005 10:40 AM

こんにちは、ポルボロンですが娘の学校にあります。
以前は保護者が手作りしてバザーで販売されていましたが、今はお菓子屋さん(和?洋)作っています。
お探しのポルボロンと似ているのかはわかりませんが、もしご興味がありましたらメールください。件名をポルボロンとしていただけると助かります。
ちなみにパルケエスパーニャよりちょっと関東よりになります。では

Posted by: のん : June 23, 2005 07:01 PM

ありがとうございます。
ほろほろの白〜いのでしょうか? ワクワク♪
落ち着いたらメールさせていただきますので、よろしければ情報教えてくださいませ。

Posted by: かえる本人 : June 24, 2005 09:00 AM

私も光塩卒業生で、在学中からポルボロンがだーいすきでした。今でも皆さん同様ポルボロンという字を見ては試しています。光塩のポルボロン本当にもう一度食べたい。同じ思いの方がたくさんいらして正直びっくりしています。
私も仲間に入れてください。

Posted by: ゆゆ : June 27, 2005 01:01 AM

ゆゆさま
ようこそ、ポルボロン友の会へ(笑)♪
少しでも似た感じのに出会われたらぜひ教えてください。

わたしは外のものでたまたま何回かもらっただけなので、たぶん全部で10回も食べていない・・・でも、あんなに印象的なお菓子はほかにありません。

光塩に通われていた方は、ほんとうにうらやましいです。

Posted by: かえる本人 : June 27, 2005 10:51 AM

ほほほ皆様初めまして。イグナチオ教会のポルボロン会の者です。私も幼少時に食べた光塩のポルボロンが忘れられず、所属教会をポルボロン会のあるイグナチオにしてしまいました。(ご奉仕すれば確実に食べれるでしょう!)そもそもポルボロンとは、スペイン・アンダルシア地方のクリスマスのお祝いのお菓子で、家庭によってレシピが違います。キリスト教の布教と共にスペインの宣教者が伝えましたので、その伝えた宣教者のおうちのレシピによって、シナモンが入ったり、バターが入ったり、粉の焦がし方も変わります。名前もポルボロ、ポルボローネともいわれ、スペイン語で埃という意味です。
光塩のは、メルセス会という修道会のシスターが作っていますが、非常に手間がかかるのと、材料がシンプルゆえに微妙な味加減で、作れる方が今はお二人しかいないと聞きました。作り方は門外不出、絶対に教えてくれません。学校のバザーでも販売されませんし、光塩の在校生に尋ねてもご存知無い方ばかりでした。
イグナチオ教会のは、やはりスペイン人のシスターに教えて頂きました。そのシスターは御高齢でスペインに帰られ、私達信者だけで作っています。小麦粉、ラード、砂糖だけで作ります。光塩のはバニラが入るので上品で優しい味、イグナチオのは、素朴で香ばしい。どちらも美味しいです。
信者さんで無くても御ミサに与らなくても購入できますよ!ただし、作るのに時間がかかるため、数が少ないので信者でも手に入らないことが多いです。また、食品なので7月〜9月は製造、販売はお休みです。一番おすすめは、6月第1日曜のバザーとクリスマスのバザーでしたら沢山作りますし、賑やかなので、信者でなくても買いやすいと思います。(私の姉は、信者ではありませんが、バザーには遊びに来る。クリスマスバザーは、毎年日にちが違いますので、ホームページで確かめてね。)
こんなにポルボロンファンの方がいるとは、思いませんでした!うれしいです。以上参考までに。

Posted by: マリアミカエラ : July 7, 2005 12:14 AM

マリアミカエラさん、はじめまして♪
すごい、貴重な情報ありがとうございます。
ついに(笑)、イグナチオのポルボロン会の方にまで、書き込んでいただけるなんて、インターネットすごい、あらためて感動です。
絶対にクリスマスバザー(もちろん6月も)に伺いますね!12月まで待ち遠しいです。

光塩のレシピは「門外不出」だったんですね〜^^;)
前に「ラード」という情報をいただいて、今回「バニラ」という情報をいただいたので(どうりで、シナモン系にはなんだか違和感があるはずでした)、あとは、努力と涼しさのみか、がんばらねば。

ではでは、よろしかったらどうぞまた覗いてください!

Posted by: かえる本人 : July 7, 2005 11:24 AM

初めまして、東京光塩出身者です。在校時はありがたみを感じなかったポルボロン、ほんとうにまた食べたい!!ですね〜。で、皆様を困らせる情報かもしれないんですが、以前友人から北海道のお土産でクッキーをもらい、あまりの味のそっくりさにびっくりしました。商品名を控えておいたんですが、なくしてしまったんです(号泣)。和風の名前でした。(雪のなんとか、とか、なんとかのうさぎ、とか?)おそらく光塩のポルボロンを求める方は納得!な味だと思うんです。固さはきもち固かったですが、口に入れるとさらさらで全く気になりませんでした。諦めきれずその友人に尋ねましたが当人はとっくに忘却だそうで(泣)。たしか修道院のお菓子だったと言われました。えーん、ほんとに幻のお菓子ですね。。。

Posted by: 高円寺の人 : July 26, 2005 01:50 PM

始めまして〜!
おおお、そんなお菓子が・・・かなり一生懸命ウェブで、北海道+修道院+お菓子で捜したんだけどわかりませんでした。
トラピストばっかり出てきて(笑)。
ああ、気になります!
メルセス修道会は北海道にはないみたいなだし、悩ましい^^;)
日本語の名前っていうことは、修道院から町のお菓子屋さんに伝播したものなのかなあ、などなど。

http://www.narasaki.co.jp/hokuhoku/lrx01karumerukaichoko.htm

↑この白いのなんかかなり魅力的だけど、チョコだし。

とりあえず新宿の京王デパートの修道院コーナーでも行ってみます。

Posted by: かえる本人 : July 27, 2005 10:16 AM

怪しい情報でほんとすみません(^^;)。母も光塩卒業生なんですが、「いろいろなお店や修道院のポルボロンは食べたけど、光塩のほどではないわね・・・」だそうです。母は長年ポルボロンを作ってらしたシスターに可愛がられていたこともあり家庭での作り方だけは教わっているのですが、粉を焼くのはオーブンではなくフライパンで教わったそうです。でも、出来上がったのは違うのです。。(フライパンで焼くのはガス代の倹約という噂もアリ(笑))でも今年の光塩のバザー、ポルボロン目当てで行ってみようかと2人で企みました。販売しているかどうかはわかりませんが、作り方の秘伝や伝授可能か等情報ありましたらここに書き込みたいと思います!

Posted by: 高円寺の人 : July 27, 2005 03:44 PM

ありがとうございます。
親子2代の卒業生で、しかもそんなにポルボロンの近くにいらしたのなら、もう舌は一番確か!
その舌が認めたポルボロン似のお菓子気になるところです。

お差し支えない範囲でまた情報ありましたら、ぜひよろしくお願いします。

まあ、秋風立つまではポルボロン探索も休止ですね。

Posted by: かえる本人 : July 28, 2005 11:59 AM

かえるさま
はじめまして。
いつもポルボロン探索、興味深く拝見しています。
実は私の友人で、長年老舗スペイン料理店にいたスペイン料理シェフがポルボロンを作っています。
彼女の作るポルボロンは手間がかかっているにもかかわらず、素朴さと繊細さが感じられるスペインの味そのままのものです。
現在は店頭販売はしておらず、スペイン関係のイベントでや注文販売のみなので、みなさんの目にとまることが少なかったと思いますが、これから少しずつでもたくさんの方に味わってもらえるようにご紹介していけたらと考えています。
ポルボロン、それぞれの思い入れや思い出がほろほろっととけ出すような、素敵なお菓子ですよね。

Posted by: azur : August 10, 2005 04:33 PM

azurさん、はじめまして♪
書き込みありがとうございます。ポルボロン情報も夏枯れ・・・^^;)のところに貴重な情報ありがとうございます。
すごい気になります、とっても食べてみたいです。ぜひ機会がありましたらご紹介ください。

Posted by: かえる本人 : August 11, 2005 10:56 AM

かえるさま
お返事ありがとうございます。
昨日、友人と話をしました。
彼女のポルボロンは正当派スペイン菓子でシナモン入りですが、もちろん光塩のポルボロンのことは良く知っていて話が盛り上がりました。シナモン無しも作れるかリクエストしたところ、光塩のレシピに近いものを作ってみたいと意欲的な返事が。
・・・他にもお役にたてるかもしれない情報が少しありました。

コメントを読み返して気づいたのですが、ポルボロン試作されて新しいエントリーができていたのですね。
今後はそちらのスレッドに書き込みしようと思います。
それでは、また。

Posted by: azur : August 12, 2005 10:20 AM

すばらしいです♪
そんなプロで、もう、作っている方ならできたも同然(笑)。
ぜひぜひ、挑戦してみていただきたいとお伝え下さい。

シナモン入りの正統派で繊細な味のもぜひ食べてみたいです。

コメント、どこにでも、・・・
カテゴリーでポルポロンというのを分けてみました。って実は3つしかエントリーがないと気がついた。コメントはいっぱいいただいているんですが!!

Posted by: かえる本人 : August 14, 2005 12:08 PM

こんにちは。幻のお菓子ポルボロンファンがいたことにびっくり!です。私は光塩幼稚園を出た者で、近くに実家があります。
つい数日前実家に帰った時、ポルボロンがどこで購入できるのかシスターに伺おうと光塩へ行ってみました。
タイルの絵と二階から降りる滑り台が懐かしかった。でも教会は随分前にすっかりきれいになってしまいましたね。
運良く修道院の方が帰ってくる所で伺うと、京王デパートにも今は無く、本当にたまに製造し配る程度だと言う事でした。
当時いらしたシスターますだの事を伺うと今年の4月からまた高円寺に移られたとの事で、ポルボロンの作り方を多分
ご存知であろう高齢のシスターがいらっしゃることはちょっとは期待しちゃいます。それにしても私はとにかく
あのお菓子が何より大好きで、なにかにつけて購入していました。もう何年も探し求めています。
かえるさん同様またぜひ口にしたいお菓子なのです。

Posted by: しんしん : August 22, 2005 01:32 AM

しんしんさん、はじめまして♪
ポルボロン友の会へようこそ(笑)、光塩出身者の方がたくさん検索して辿り着いてくださるようになりました〜。

あんなに、おいしくて、手に入らなくて、同じ名前のポルボロンがいっぱい買えるようにはなったけれど、やっぱり違いますものね、「あれ」とは!!

やっと少し涼しくなってきたような(まだかな)、早く試作に再挑戦したいです。

また、どうぞ時々覗いてみてくださいね。

Posted by: かえる本人 : August 22, 2005 10:28 AM

かえるさま
光塩のポルボロンと同じものを作るのは到底無理なことだとは思いますが、涼しくなったら試作してもらおうと思います。
シナモン入りは別のポルボロンとして食べていただければ。
夢をこわさないためにも(笑)

もう少し涼しくなったらオリジナルシナモンバージョン、ご案内させてもらいますね♪

Posted by: azur : August 22, 2005 11:18 AM

こんにちわ、本当にすべて「涼しくなってから」ですね。今日も蒸し暑いこと!

やっぱり光塩のポルボロンは、別物として「あのポルボロン」と呼ばないといけませんね。

それでも、みなさんのおかげで
・シナモンじゃない(バニラ?)
・ラードだ(100%?)
・アーモンドプードルは入っていない、or 少ない?
と、かなり重要な情報が集まってきたので秋が待ち遠しいです。
それに、根性と思い出をつぎ込むと、さて自分ではどんなのができることやら・・・

Posted by: かえる本人 : August 23, 2005 12:06 PM

こんにちは、
娘の学校のポルボロンはシナモン入りのものでした。
シナモンのほうは情報が色々とはいっているようですね。
かえるさんがお探しの光塩風ポルボロン食べてみたいです。
完成の暁には感想などをこちらで拝見したいな・・・できれば味見が出来ると嬉しいのですが。
楽しみに待っています。
                 のん

Posted by: のん : August 26, 2005 12:07 PM

こんにちは!
先日スペインに旅行をし、ポルボロンに魅せられた者です。
初めて食べたときはなんだか甘いな〜というぐらいの感想でしたが、お土産に買ってきて帰国後ちょくちょく食べているうちに大好きになってしまいました。

私が食べたポルボロンは3種類。
ひとつはスペインのお菓子屋さんでばら売りで買ったもの、スーパーの箱詰め、お土産用箱詰めのポルボロンです。
あともうひとつ別の箱詰めも買いましたが、まだ食べてません。

シナモンの味がしたのはお土産のポルボロンだけで、あとのふたつは粉とお砂糖の味、という感じでした。ちなみに、シナモン風味の以外
は白かったです。

スペイン菓子のレシピ本は現地で買ってきてあるのですが、肝心のポルボロンは載っておらず・・・。

必死にレシピ探し中です!!
では。

Posted by: そけりあ : August 26, 2005 02:29 PM

のんさん こんにちわ。
みなさんから情報をいただいて、最初のうちはこんなにあちこちでポルボロン売り出したし、どっかでそのうち買えるのね、と思っていたのですが・・・。どうやらシナモン無しの光塩の「あのポルボロン」はよっぽど特殊なそれこそ、唯一無二みたいで・・・

と書こうとしたところに!

そりけあさん、はじめまして。
うーん、3個のうち二つがノン・シナモンタイプで白!
ぜひに、レシピ見つけてください。
あ〜、ポルボロン追求にスペインに行ってみたいです。

Posted by: かえる本人 : August 29, 2005 10:36 AM

こんにちは!
友人からポルボロンもらってきて、写真をとりました。
これでちゃんとご案内できるようになりましたが、
欲しい方いらっしゃるでしょうか?
かえるさん、こちらにアドレス張っても大丈夫ですか?

レシピ本ですが、スペインのお料理本にポルボロンのレシピはほとんど載っていないそうです、1冊だけあるらしいのですが、、、
名前を聞くのを忘れてしまいました。

Posted by: azur : August 31, 2005 07:56 PM

こんにちわ、もちろんです。ぜひぜひご紹介下さい♪
楽しみです。まだ暑いですが、もうご注文可能なのかな。わくわく。

さて、うまくこの後に貼っていただけると、なんと100個目のコメントになります。びっくりです!

Posted by: かえる本人 : September 1, 2005 10:47 AM

こんにちは。
ポルボロン100個目のコメントになるのですか!?
なんだか嬉しいです。

ポルボロンは今日も試食したのですが、暑くても問題なしでした。
かえるさんのご厚意に甘えてこちらにリンク張らせていただきます。

いきなりネット通販というわけにもいかないので、簡単なページになっていますが、ご興味のある方は是非ご覧ください。
セキュリティの関係で、ページ上の連絡先はメールアドレスだけになっていますが、お問い合せいただければ直接お返事しますので、ご安心ください。

el mercado AZUR
http://azul2.blog22.fc2.com/

最初はオリジナルシナモンタイプです。
よろしくお願いします♪

Posted by: azul : September 1, 2005 07:23 PM

おはようございます。ありがとうございます♪
さっそくお願いしてみようと・・・

油はラードの方を使っているんですね。楽しみ。

しかし、ダイエット計画が・・・^^;)

Posted by: かえる本人 : September 2, 2005 10:23 AM

かえるさんこんばんは
今年のポルボロン手に入りました。
もしよろしければお送りしますよ!!
いろいろな問題、私が実在するのかとか(笑)
あると思いますので無理にとはいいませんが・・・・


                 のん

Posted by: のん : September 24, 2005 08:59 PM

のんさん ありがとうございます。直メださせていただきました〜〜〜!

Posted by: かえる本人 : September 25, 2005 12:02 AM

うえの、メルカド・アスールさん(azul)さんから送っていただいたポルボロンの紹介。
http://www.luckyfrog.com/mt/archives/000954.html
でございます。

Posted by: かえる本人 : September 25, 2005 12:04 AM

昨日、光塩の親睦会(バザー)へ久しぶりに行ってみました!
やはり、完全にボルボロンは作っていないそうです。さようなら、光塩のボルボロン・・・
そこで私は意を決して愛香菓を通販して見ることにしました(笑)。なかなか評判ですよね。
これからも美味しいお菓子を求めて探索いたします。管理人さん、お互い精進しましょう☆

Posted by: 高円寺の人 : October 31, 2005 09:27 AM

こんにちわ、やっぱりありませんでしたか〜。残念。
作り続けられてさえいただければ、なんとか、いつか手に入るかとも希望があるんですけどね。

愛香菓、光塩のポルボロンとはぜんぜん別物ですが、なかなかおいしいお菓子です。冬にミルクティーといいかも。

精進すればするほど、こまったことに太るのがお菓子の道ですね。でも、がんばりましょ〜♪


Posted by: かえる本人 : October 31, 2005 11:21 AM

はじめまして、私もウン十年前ポルボロンを何気に食しておりました。光塩の購買会にはポルボロンだけでなく、おいしいお菓子が山ほど売られていましたので、毎日財布と相談してあれこれ食べておりました。

私も懐かしくていろいろ探しておりましたが、たまたまいただいた洋菓子のウエストのポロンがあの味に近いような気がしました。
お試しあれ。
中にナッツが入っているのは違いますが・・・
インターネットでもお取り寄せできますよ。

Posted by: スギ : November 19, 2005 07:36 PM

スギさん はじめまして!
「何気に」だけでも、うらやましいです。そしてほかの「おいしいお菓子が山」というのにも興味津々♪どんなだったんでしょう!!

ウエストの「ポルボロ」とかいう名前の丸いお菓子ですね。見たことはあって、気にはしていたのですが、まだ試していません。
今度試してみます、情報ありがとうございます!!

Posted by: かえる本人 : November 21, 2005 10:48 AM

はじめまして
友人から「とろけるクッキー」というのをもらいまして、口にしたとき思い出したのが、昔、母が買って着てくれた、白いお菓子。

どうしても、もう一度食べてみたくて、どこのものなのか、昨日、姉に聞いてみたら「光塩女子学院」の売店とのこと。

今日にでもこの学校に電話をしてみようか、、と思っていたのですが、その前に検索・・と思い、かえるさんのところにたどり着きました。

もう、ないんですね・・・。
めちゃくちゃ悲しい。。

あれは、まさしく幸せになれるお菓子でした。。

どうにかして、もう一度、あの味を口にしたい!私もいろんなレシピを試してみますね。

Posted by: uriuri : December 1, 2005 08:03 AM

uriuriさん、はじめまして。
そーなんです、みなさんあの「ポルボロン」を懐かしんで・・・こんなに、コメントがついてしまいました(笑)。

ぜひ、あれに近いもの発見して(&教えて)ください。

ちょっとタイプは違うみたいですが、そろそろクリスマス。四谷のイグナチオ教会のバザーを忘れないように・・・と自分メモ。

Posted by: かえる本人 : December 1, 2005 10:08 AM

自己レス・・・
四谷聖イグナチオ教会のクリスマスバザーは、4日のミサの後でした。早い!
ええと「おミサ」って何時間ぐらいかかるもの?12時までは恵比寿だからその後だと残っているかなあ。

Posted by: かえる本人 : December 1, 2005 04:23 PM

昨日、ショートニングを使って作ってみましたけど、それはそれでおいしいけど、全然別物でした。残念。

道のりは遠いです。。

でも、ここで、「あのポルポロン」を同じように懐かしく思っているかたがたに会えたことがうれしいです。ありがとうございました。

Posted by: uriuri : December 2, 2005 03:53 PM

はじめまして。

光塩のポルボロンは人生で数回経験がありますが、美味ですよねー。薄紙をあけるときの緊張感とうきうき感は今でもわすれられません。
現在は田園調布レピドールで我慢しています。

ところで
明日から長崎に行きます。
ハウステンボスではポルボロンは売っていないのでしょうか?

Posted by: ぐるぐる : December 8, 2005 12:23 AM

はじめまして♪
ほんとにあんなうれしいお菓子はなかったですね。
もう、出発されちゃったかな、ハウステンボスだとオランダですよね。ちょっと違うかも、どうでしょう。
伊勢志摩のスペインなんとかというのだったら、確実にもう名物として売っているらしいんですけど。

Posted by: かえる本人 : December 8, 2005 11:00 AM

はじめまして。函館の五島軒のポルボローネの通販の記事を見て、
光塩のポルボロンとどう違うのかなと検索してたどり着きました。
実際には娘に食べられてしまったので、味のことは言えませんが、
今年の光塩の親睦会のお手伝いをした父兄に、お礼として配られました。
だからまだ何らかの行事には作られていると思います。
とりあえずお知らせまで。
こんなに懐かしがったり、美味しいという人がいるので
私も何とか手に入れたくなっています。

by ゆう。

Posted by: ゆう : December 16, 2005 10:53 PM

ゆうさん、はじめまして。
情報ありがとうございます。
うちうちで、ときどき作られているという話は以前に父兄のかたから教えていただいたのですが、・・・・
さすがに、ポルボロン食べたさに、今から女の子を授かって、光塩に入れて、バザーのお手伝い・・・では間に合わず^^;)
せめて完全に途絶えてしまうことのないように、光塩のみなさんが作り方をしっかり伝承してくれることを祈るのみです。そしたらいつかはチャンスも・・・ゼロではなくですね。

Posted by: かえる本人 : December 17, 2005 10:32 AM

はじめまして、
以前よりこちらを拝見させて頂いてます。最近、あるお店のポルポロンを注文して思ったのですが、どこのポルポロンが一番、光塩の味に近いのでしょうか?
どこの物もそれなりに美味しいのですが、どうしても光塩の味を追い求めてしまって、物足りなさを感じてしまいます。白くて甘くて、落雁の様な口溶けのお菓子、
頬張って食べて咽せた事も子供時代の良い思いでです。
光塩のポルポロンなら銘菓になると思うのですが、残念でなりません。

Posted by: tooma : January 25, 2006 06:40 AM

こんにちわ、ええと、結局、光塩タイプは唯一無二ということで、あれに近いものは発見できていないのです。ほんとに残念です。
ポルボロン、ほかにもエントリーがあって、感想がばらけてしまっておりますが、あちこち覗いてみてくださいませ。

Posted by: かえる本人 : January 25, 2006 10:27 AM

かえるさま、皆様 はじめまして こんにちは。
今、本当に感動しています・・・このような場所があったとは・・・・。ポロポロネス(私はこう呼んでいます)に出逢ってから30年以上、ずっとひとりで悩んできました。私が出逢ったのは、小学生の時通っていた名古屋の南山教会のバザーです。確か、近くの聖マリア幼稚園のシスターが毎年作ってくださっていたようです。小さかったので、ポルボロンとかポルボローネとかという本名はわからず、当時の聞きかじりで「ポロポロネス」と呼んでいました。あの味と感動はいつまでも忘れることができず、30年以上も自分で試作しつづけ、それらしいものがあれば、買って食べてみたり・・・あの懐かしい味に思いをはせています。光塩のものと同じかどうかわかりませんが、口の中でむせるほどふわぁ〜とひろがるあの感じはどう伝えていいかわかりません^^それらしいものはありますが、市販のものであの味にはいまだであえません。つい先日も、試作したばかりでした。だいぶ近づいているのですが、これ以上やはりもう無理なのか・・・と半ばあきらめかけていたところです。いままでの情報をよませていただいて、イグナチオのバザーに行ってみたいなぁと思いました。門外不出等と言わず、是非、伝承させていただきたいものです^^。
また、お邪魔させてください。

Posted by: anne : February 14, 2006 09:24 AM

anneさん、はじめまして〜、ようこそ!
ポルボロン友の会思わぬ広がりを見せてます(笑)。名古屋の教会にもあったのですね。
あの食感と味はほんとに、食べないと分からないし忘れられない・・・
またどうぞお寄り下さい。

Posted by: かえる本人 : February 14, 2006 10:39 AM

はじめまして!
初めて書き込ませていただきます!

私も光塩のポルボロンをなつかし〜くおもっています。
住まいは高円寺付近で、叔母が卒業生です。子供の頃、よく食べさせてもらっていて、懐かしさのあまり、毎年、一回造っています!少しづつレシピを変えて、叔母や母に味見してもらい(自分は小学校の味の記憶しかないので)すこしづつ近づけています!!!今年で8回目です〜!がんばってますよ〜!
また来ます〜!よろしくおねがいします〜!。

Posted by: ちょーふぁん : February 15, 2006 11:28 AM

ちょーふぁんさん、はじめまして。
ようこそ、辿り着いてくださいました!

こんなに懐かしく食べたいと思っている人が多いとは、想定外です(笑)。
8年間の実験もすばらしい、味は近づいていらっしゃいますか。わたしも小学生の時の記憶&ちょっぴりなので、それを食べればそれとわかるかと思うのですが・・・再現、道遠しです。
ぜひまたお寄り下さい♪

Posted by: かえる本人 : February 16, 2006 10:22 AM

はじめまして。

お探しのポルボロンって、白い薄紙をねじった状態で包まれていて、赤い模様が印刷されていますよね。
模様は上から王冠、十字架、立て三本ライン、囲むように、「POLVORON DE ESPANA(Nの上に〜)」の文字。
私は修道会の方からいただきましたので、製造はされているんだと思います。
ン十年前にも食べた(同じ柄でした!)記憶があり、その時も 大量には作れない、一般販売はしていない旨、子供ながらにへぇ〜って思いました。
偶然かえる様のHPにお邪魔し今手の中にあるコレがそんなにも貴重な物だと知りました。(いや、私もずっと探してはいたんですが。)
ン十年ぶりの再会でしたので、作り方、販売など伺ったのですが、言葉を濁されましたので
やはり門外不出かと…。

皆様の努力で味を再現するか、修道会がお考えを変えてくださるかどちらかを期待しましょうね。
でも本物は手に入りにくいからイイ、って気もしますけどね。

Posted by: ひなはは : March 9, 2006 10:39 AM

はいはい、それです〜♪
最近食べられたのですね。幸せ者とお呼びしたいです^^;)

別に、修道会があれを大々的に売り出して、全国のコンビニで手にはいるといい・・・なんてことはもちろん想ってませんので念のため。

あれがたまには、(とっても)食べたい。
そのためには、伝統のレシピを途絶えさせないでおいてね、せめて。
あるいは、せめて近い味のものが見つかるといいな。
あるいは、せめて似た味に再現できるといいな。
ぐらいです。
冬トライしないまま、春になってしまいましたが・・・

Posted by: かえる本人 : March 9, 2006 05:51 PM

ハイ、幸せ者なんですね。
ラッキーに感謝です。

かえる様のお気持ち、伝わりました。
かえる様の願いが叶いますように。

冬のお菓子ですよねー。
製菓コーナーに「とけにくい粉砂糖」なる商品がありました。
あれじゃダメかしらん。

Posted by: ひなはは : March 9, 2006 09:09 PM

はじめまして。

昨日、花見をしに家族と上野公園へ行ってきました。
花見をしながら歩いていると今、東京美術館で”スペイン プラド美術展”を開催していると書いてありました。 

ついつい足をのばして綺麗な絵を見て感動を倍楽しみつつ、帰り間際にあるお土産売り場に立ち寄りました。

支払いをしようと思ったその時、ふと横を見ると”ポルボロ”と言う名のお菓子を発見。
入れ物もプラドの絵が描いてあり、ついつい買ってしまいました。
まさかこんな所で出会えるとは、なんてラッキーなんでしょう。

味はとってもお茶にもあい、和菓子感覚で食べれる食感で感激。

是非、かえるさんも時間がある時に行ってみてくださいね。

Posted by: みんみん : March 31, 2006 11:02 AM

みんみんさん
こんにちわ! それはよい情報をありがとうございます。
プラド展は行ってみたかったので、6月までやっているみたいだしぜひ行ってみます。
プラドの絵の描いてあるポルボロ(ん)お初かも!
楽しみですう♪

Posted by: かえる本人 : March 31, 2006 10:28 PM

ひなははさんの「今手の中にあるコレ」〜〜〜!

びっくり!!!!

!!!!!!!ま、まだあったのですか!!!!
もうなくなってしまったのかと思ってました!

レシピがすたれてなかったのは、うれしいです。

そうか〜。まだこの世にあったのか〜。(しみじみ)

かえるさんのポルボロンブログがあったからこそのうれしいニュースを知りました。

ところで、このあいだフィリピン帰りの知人からフィリピンのポルボロンをいただきました。

材料にスキムミルクが入ってて、ミルク味。大きくて3CMくらいあって、花形に抜きがたされていて、黄色いセロファンにキャンデーみたいに包まれている。
サク、ポロといった食感でした。
これもまたおいしかったです。

また見に来ますね!

Posted by: ちょーふぁん : April 4, 2006 03:38 PM

ちょーふぁんさん こんにちわ、
ポルボロン党へようこそ(笑)。
そーなんです、まだ有るんです。いつか食べたいですねえ。

フィリピンのポルボロンはアメ横センターの地下でも何種類か売ってました、今でもあるかな。
ちょっとミルキーっぽい味でしたが、なにしろ口中の水分が一気に吸い取られて、上あごに吸い付いて、むがががが・・・と苦しんだ記憶も^^;)

Posted by: かえる本人 : April 5, 2006 11:09 AM

はじめまして!私の姉が高円寺の光塩の出身で、幼稚園から高校まで通っていたものでちょくちょくポルボロンを買ってきて食べていました。それから20年ほど。。。^_^;
この春、娘が初等科に入学いたします。もう販売はしていないとお聞きしていたのでがっくりしていたのですが、親睦会のお手伝いをした父兄に配ってくださったとのこと!やります!今年の秋は親睦会のお手伝いがんばります!そしてポルボロンをゲットだ!

Posted by: : April 6, 2006 01:21 PM

このようなところで、ポルボロンのことを懐かしむ方たちが集い、なんと、光塩の卒業生がたくさんいらっしゃることか・・・。驚きと共に拝見しました。何を隠そう?私も幼稚園から高校まで15年間在籍しておりました。現在はお料理、お菓子、パンなどをお教えしており、ポルボロン研究家のひとりであります(笑)やはりあそこまでのホロホロ感はなかなか難しいですが、薄力粉とアーモンドプードル、粉糖を、低温(100度位)で数時間焼いて、グルテンを出さない様にして、成型は木型で抜いているのではないでしょうか?あくまで推測に過ぎませんが・・・?幼稚園の修道会でピアノを習っていた時によくおやつにシスターが、くずれたポルボロンや、ちょっとこげた、恐らく売り物にならないクッキーを出してくださったのが懐かしいです。それから、「ブラソ」というしっとりしたロールケーキのようなお菓子も何ともいえない食感で大好きだったのですが、皆様ご記憶あります?

Posted by: kasuminn : April 6, 2006 06:06 PM

はじめましてええと、光塩のお母様。
うらやましいです。今から女の子限定で生むのは(限定でなくても)無理無理・・・あとわたしに残された道は出家だけかと。ぜひ、お手伝いはげんで秘蔵ポルボロンをゲットしてください。
お父さんの方が警備を手伝うというのも、かなり有効な噂(笑)。

kasuminnさんもいらっしゃいませ。
そうなんです、光塩関係者の方がいっぱい探し当ててくださって、管理人びっくりです。
木型っていうのは、落雁みたいに固めるイメージでしょうか(つまり焼かないとか?)、それもありかなと考えたことも。
「ブラソ」気になりますう!なんだろう、どうなのだろう?!

Posted by: かえる本人 : April 7, 2006 05:50 PM

かえるさん、始めまして。現在開催中のプラド美術館展のおみやげコーナーで大人気となっているのが、缶入りのポルボロンだそうです。スペインのお菓子ということで、缶のふたには、今回プラド美術館からはるばるやってきた
有名な絵画がほどこされているようです・・と
新聞に載っていました。がぜん行ってみたくなりました。文化をめでるというより、食欲でしょうか?しかし、お菓子も立派な文化ですね〜!

Posted by: おしょん : April 24, 2006 08:31 PM

おしょんさん、はじめまして。情報ありがとうございます。
新聞にも紹介されたんですね。急いで買いに行かないとなくなっちゃうかも。ゲットせねば〜!!

そう、絵画や芸術作品も文化代表だけど、お菓子も文化の華ですよね〜っ♪

Posted by: かえる本人 : April 25, 2006 10:38 AM

かえるさん初めまして。
先日プラド展に行ってきたのですがポルボロ売り切れでした〜っ。こうなるともうどうしても食べてみたくて、あちこち探していたら、小平においしそうなのを発見。ゲットしたらまたご報告に参りますね。リーフルも近所なので、のぞいてみようと思っています。
ご報告が後になってしまいましたが、こちらの記事にリンクはらせて頂きました。どうぞよろしくお願いしますぺこり

Posted by: Miho : May 2, 2006 09:45 PM

Mihoさん、はじめまして♪
情報ありがとうございます。あれま売り切れですか。会期中にもう一回入るかなあ、季節的にはもう終わりかも。

実はおととい、東博の展覧会に行って、プラド展にも廻ってみたのですが、入るのに何分待ちというすごい混雑。入り口にオリジナルグッズ売り場のお姉さんに「ポルボロンどこですか」と聞いたのですが、出口の売店にしかないと、で、出口の売店には展覧会を走破しないと行き着けないと(笑)。で、まだ会期があるしと諦めたのでした。そうか、無かったんだ。

展覧会にはぜったいいく気でいるんですが、しか〜し、会期中にまた入荷するとしても、ねえ、電話でポルボロンが入ったかどうか聞いてから行く日を決めるのも^^;) うーん。

小平、ぜひ、食べてみたらどんなだったか教えてください。リーフルもそろそろ季節終わりかもです。

Posted by: かえる本人 : May 2, 2006 10:26 PM

はじめまして、ン十年前の光塩卒業生です。私も勝手にずうっとポルボロンを捜し求めてきました。友人(光塩ではない)にもその幻の味を熱く語り布教活動(?!)をしてきたところです。ぜひ友の会に参加させてください。
以前に同窓会の席でシスターにうかがったところ、ポルボロンつくりには大変時間と労力がかかるため、修道院の高齢化に伴い、現在はホントに特別な日に僅かな数だけ作っているそうで、一般販売のための量産は不可能とのことでした。レシピは門外不出とも。ネット販売とかしたら、ぜ〜ったい売れるお菓子だと思うんですけどねえ。もともとスペインでもこれが正統というレシピがあるわけではなく、各家庭のいうなれば、オフクロのポルボロンみたいなものだそうです。だから、きっといろんなポルボロンが
あるのでしょうね。
隣の高円寺教会のバザーでポルボロンが出ていましたが、似ているけれどあの幻の味ではなかったです。
私としては、ネットショップで買ったパルケエスパーニャのキャラメル味が一番、幻のポルボロンに似ています。
プラド展で出ていたのは小平のモンペリエのだそうですが、取り寄せた友人(幻の味は知らない)は、とっても美味しかったとのこと。でも彼女もパルケのポルボロンが好きだそうです。
是非いつか幻の味とレシピを手に入れましょう。

Posted by: めんたいこ : May 23, 2006 08:14 PM

めんたいこさん
はじめまして!ようこそです!
布教活動がんばりましょう(笑)。なんといっても、味をちゃんとしっている光塩の卒業生にがんばっていただくしかないです。

ちょうどプラド美術館展に行ってきたので、写真あげました。かなりおいしいけれど、光塩さんのとは・・・でした。
パルケのものも今度試してみますね。

Posted by: かえる本人 : May 24, 2006 10:08 AM

はじめまして
私も 何十年か前に光塩を卒業いたしました。
やっぱり あの味は忘れられませんね。
結婚した時 ポルボロンを引き出物に使わせていただいたんですよ。10個入りのケースが赤(オレンジ)と白で とてもかわいかったのを憶えています。(遥か昔)
「ブラソ」の名前を見つけ 懐かしくて・・・。確か カスタードクリームがスポンジと同じ厚みくらいたっぷりのロールケーキでしたよね?(違いましたっけ?)
先日、小平の「モンペリエ」のポロボロを購入しました。(シナモン風味で光塩のとはちょっと別物)お店に直接電話したところ「プラド展でお知りになったのですか?」とお店の方に聞かれました。もしかすると プラド展にあるポルボロンは こちらのお店のかもしれませんね(不確かですが) 

Posted by: 桂 : June 5, 2006 10:15 PM

桂さん
はじめまして。結婚式の引き出物が「あの」ポルボロンとはすてき!幸せのお菓子ですものね。

ほかにもポルボロン関連の話題がたまってますのでよろしかったらご覧下さい。
http://www.luckyfrog.com/mt/archives/cat_cat19.html
プラド美術館展で売っていた「モンペリエ」のことも載せています。

Posted by: かえる本人 : June 6, 2006 10:05 AM

お久しぶりです。萩光塩のボルボロンは去年の11月のバザーでも売ってましたよ、確か。今年も購入予定です。やはり数に限りがあるので予約をしますが、たぶん今年も売られると思います。こんなにみなさんがのぞまれているのにびっくり。萩光塩は東京光塩の姉妹校で、メルセス会が母体です。11月23日のバザー前に、萩光塩学院に問い合わせてみたらどうでしょうか。また、バザー前に情報提供できたらしますね。

Posted by: くり : June 17, 2006 03:12 PM

つづき・・・
ちなみに萩光塩では、学生の作る光塩ビスケットや手づくりキャラメルのほうが人気です。光塩ビスケットのレシピならあるのですが。

Posted by: くり : June 17, 2006 03:18 PM

くりさん

お久しぶりです。情報ありがとうございます。
光塩ビスケット・・・どんなのでしょう?
想像では修道院レシピなので素朴な?

あまり・・・というか、ほとんどお菓子を作らないので、ちゃんとできるかどうか不明ですが、よろしかったらお教え下さいませ。暑くなってしまうと・・・挑戦は秋になるかもですが・・・

こちらに書き込みでも、
(上手に作られる方がいるかも^^;)
あるいは、luckyfrog@luckyfrog.comあてにおくってみていただけますか。

Posted by: かえる本人 : June 18, 2006 10:38 AM

6月のイグナチオのバザーを逃したことに気が付きました!
-------------------------------------------------------------
日時: 6月4日(日) 9:00〜16:00

教会献堂記念教会祭バザー
 ◎2006年は、
   \札ぅ哀淵船没後450年、
   ∪札競咼┘訐乎500年、
   9軣教会誕生70周年の年
 であり、当教会にとっても記念の年です。

今年の教会祭は、これら3つのお祝いも兼ねて盛大に催します。ミサ、バザー、アトラクションがあります。
-------------------------------------------------------------
だったのに!!

Posted by: かえる本人 : June 18, 2006 10:40 AM

私がこの世で一番好きなお菓子は、ポルボロンかもしれません!
小さい頃、近所の方が東京に行った際に、必ずお土産にくださり、
白い紙に包まれたあのお菓子が忘れられません。
食べ終わった後に、薬を飲むように包み紙を折って、残りのお砂糖を口に入れたものでした。
先日母がプラド展に行き、お土産にもらったのですが、
やっぱり光塩のものとは違いました。
昔はデパートかどこかにも売っていたと聞きました。
あのレシピがあれば、
自分でも作ってみたいです!!!

Posted by: しましま : June 29, 2006 02:02 AM

しましまさん
はじめまして! 光塩のポルボロンを愛する会にようこそです。
残念ながら、決定的レシピはまだです・・・いえ、いただいてまだ実作していないのもあるのですが、類推するにちょっと違う感じ。

デパートで売っていたのは大昔、新宿の京王に全国修道院お菓子コーナーというのがあってそこで売っていたそうです。が、それも微妙に学校内のバージョンとは違ったのではないか疑惑が・・・(笑)。
よろしければときどき覗いてみて下さいませ。

Posted by: かえる本人 : June 29, 2006 10:22 AM

以前に娘を初等科の一年に今年入学させるので、お手伝いをしてポルボロンをゲット!と書いたものです。
残念ながら一年生はお手伝いがなく・・・(>_<)
がっかりしていたところ、昨日ポロボロンの24個詰め合わせを幼稚園の役員ママからいただきました!おお!20年ぶりくらいのポルボロン!感激だ!!姉と一緒にわくわく食べました。昔よりも甘みが少なくなっているような感じでしたが、間違いなくあのポルボロン!包み紙も一緒。まだまだ20個あるんだ〜。冷凍ができるそうなので試してみようかな〜(^_^.)

Posted by: まき : July 13, 2006 07:48 PM

こんにちわ、お久しぶりです。
ついに、本物ゲットですね。いいなあ!!
20個もですか。冷凍庫に忍び込みたいです。

しかし、この熱さのなかポルボロンを作られた方もすごい!!

Posted by: かえる本人 : July 14, 2006 11:17 AM

守谷(イバラキ!)で、とらこさんとデート中、ポルボロン発見!!
で即購入して食べてみたんですが、食感が落雁ぽい・・・。
とらこさんいわく、「ポルボロン、儚いお菓子なのよん。」
儚いポルボロン*、俄然食べたくなりました。

Posted by: マツダ : July 20, 2006 06:08 AM

むふふ〜、目覚めましたか。
マツダさんにも是非食べさせてみたいです。
しかし、このエントリーだけで150コメントめになりました!!
あのポルボロンを忘れがた〜い!食べた〜い!という人がいかに多いかですねえ。

Posted by: かえる本人 : July 20, 2006 09:51 AM

かえるさま。

はじめまして。3月に吉祥寺東急の多奈加亭でポルボロンにであい、10数年前にしりあいが作ってくれた似た名前のお菓子を思い出しました。両方ともほろほろ系のクッキーでしたが、なんとか自分でも再現しようとネットを見ているうちに、こちらにたどり着きました。

かえるさまや多くの方のコメントを読んでいるうちに、最終目標はやっぱり光塩の ”The ポルボロン“ かもしれない、と思い (洗脳された?) 試行錯誤をくりかえしております。

機会がありましたら、是非かえるさまにご試食いただき、コメントを頂戴したいものだ、と夢想する日々です。

Posted by: うりぼん : July 26, 2006 09:42 AM

うりぼんさま
はじめまして、コメントありがとうございます!
そうなんです、The ポルボロンは、もう「クッキー」ではないんです(笑)。多奈加亭のもおいしいけど、あれはちがう^^;)
また、暑さが戻ってきてしまいそうで、作るのもたいへんかと・・・でも、ぜひ、がんばって下さい。

Posted by: かえる本人 : July 26, 2006 11:14 AM

光塩のポルボロンのサイト?があるとは!!!
実は4、5年前に突然食べたくなってネットで探したのですが、
当時はこのサイトにも出会うことができず、結局遠い伊勢志摩に
ポルボロンがあることだけを確認してそのままになっていました。
そして今日何気なく検索したところ、こちらのサイトにたどり着きました。
こんなにもあのポルボルン(私も卒業生なのですが、私にとっても
ポルボルン=光塩のお菓子)に焦がれ、探し求めている人がいるなんて
感動です。
ちなみに昔、学校の地下の購買で売っていたお菓子には何種類かあって、
皆さんの言っている「ブラソ・デ・ヒタノ」(とても柔らかいロールケーキで
中にやはりかなりゆるめのカスタードクリームが入っているもの:優しい
味でした)はポルボロンと並んで私のお気に入りでした。
なんとかシスターからレシピ、頂けるといいですね。
(残念ながら、海外に移住して長いので、もうふじなみ会からも連絡が
こないため、あまりお役に立てません。ごめんなさい。)

Posted by: ping : August 15, 2006 05:11 AM

pingさん、はじめまして♪
海外からでしょうか。いつのまにか、卒業生の方も、そうでない方も、ポルボロンを愛する集いになってしまいました^^;)
すこしづつ本物に近づいているような気もするので、ときどき覗いてみて下さいませ。
購買会のほかのお菓子も食べてみたいな〜。ポルボロン以外は健在なのでしょうか?

Posted by: かえる本人 : August 15, 2006 10:52 AM

フイリピンの方からレシピをいただいて時々ボルボロンを作ります。このブログの中にレシピがありましたが、基本的によく似ていますが、あれでは、バターが多すぎます。(ラードではしつこくなりますので口当たりは悪いでしょう。)ボルボロンは焼き菓子ではなく打ち菓子でしょう。和菓子でいえば落雁、わたしも光塩のボルボロンは何度か過去に食べていますが、あれは、バターを使っています。素材はシンプルなものですから、何回か挑戦してみてください。きっと出来ます。わたしが作っていて一番困ったことは、固めるための抜き型です。名のとうり、ボロボロとしたものを形にするので、その型にたどり着くまでが大変でした。

Posted by: : September 9, 2006 04:58 PM

「ポルボロン」を食べながら何気に検索し覗きに来ました。

私はカトリック信者で教区の年に一度ある集いで、各修道院のシスター方が作られた
「お菓子」も販売されていて、そこで購入しました。

包み紙も「お花紙」?で1個1個アメの様に包んでいて両端はヒラヒラと切っています。

それを作った修道会は「礼拝会」のシスター方です。

その他にも各国のお菓子が販売されていました。

Posted by: はにー : November 13, 2006 05:28 PM

はにーさん、はじめまして。
「食べながら」とは、うらやまし♪
秋は、バザーとかポルボロンシーズン開幕って感じですね。各国のお菓子も気になります!

Posted by: かえる本人 : November 14, 2006 12:16 PM

今日スペインから帰ってきました。VIAと呼ばれるスペインの新幹線の中で、ポルボロンと出会いました。車中でサービスとして一人に一個ずつ配ってくれたのです。とってもおいしかったので職場のおみやげに購入しようと、車内販売のコーナーまで行きました。片言の英語で、カウンターの上のかごの中に入れられてあるポルボロンを指さしながら、「売ってほしい」と言ったところ、やはり片言の英語で「これは売り物ではない」とのこと。「じゃあ、箱入りのおみやげにして売っているところは知らないか」と聞いたはずが、「かごの中のポルボロン、全部あなたにあげるよ。」という返事。なんとVIAの袋にざぁーっと一かごくれたんです。ポルボロンを!!!その後マドリードの免税店、空港で見つけて、もちろん買いました。シナモンのかおりとココナツパウダーのさわやかな品のいい高級らくがんといった感じ。職場のみんな、待っててね。

Posted by: ちろ : January 1, 2007 08:37 PM

こんにちわ、お正月に、すてきなお土産話をありがとうございます。ポルボロンは幸せになるお菓子だそうですから、それはそれはとっても幸せいっぱい、今年1年いいことありますよ〜。会社のみなさんもウラヤマシ♪

Posted by: かえる本人 : January 2, 2007 10:40 PM

初めまして。
ポルポロン ミッションで検索してたどりつきました。

 自分は、光塩の卒業生でもなんでもないのですが、別の幼稚園に行ってしまった幼なじみの女の子のお母さんが分けてくれたもので、ポルポロンという名前と、ミッションスクールであるという情報、そしてあの味だけが記憶の中に30年以上残っていました。
 で、やっぱり記憶をたよりにお店で売っているポルポロンを捜すんですが、もう全然違って。
 記憶の中のポルポロンは中も粉だったんですが、市販のものはなんというか変則的なクッキーみたいなもので、毎年妻と、『こんなんじゃない』『いやあきらめなさい』の押し問答になっていました。
 最近やっと、そのミッションスクールが光塩であることを知って、ここにたどり着いた次第です。

 このサイトに出会えて大変うれしいです。
 言ってしまえば光塩関係者でもなんでもないので、ちょっと書き込むのも恥ずかしいというか、肩身が狭いのですが、とりあえず喜びと感謝の気持ちだけ書き記させていただきます。

Posted by: いぬかめん : March 8, 2007 01:09 AM

私はイグナチオの者ですが、
光塩のものとは違い、私共のポルボロンは茶色です。
五月にある教会祭でも販売しておりますので、どうぞ気兼ねなくおいでください。

Posted by: モルギフ : April 19, 2007 08:01 PM

モルギフさん、ありがとうございます。
去年のバザーで一回、入手いたしました。
http://www.luckyfrog.com/mt/archives/001422.html
シナモン系で、これはまた別のタイプでおいしくいただきました。
また5月がチャンスなのですね。メモメモであります。

Posted by: かえる本人 : April 20, 2007 12:05 AM

はじめまして。
今日ポルポロンを食べました。
カトリックの信者です。
赤堤教会の神父さまの送別会のパーティのお菓子の中にありました。
まあるいコイン型でうす茶色のホロホロしていました。
味は麦こがしのようで懐かしい感じ。
ちり紙のようなひらひらしたものに包まれていました。
おいしいので3つも食べてしまいました。
帰ってきてあれは何というお菓子だったのだろうと検索してこのページにあたりました。
赤堤教会に関わっている「カノッサ修道会」と前の投書にあった「礼拝会」に知り合いのシスターがいるので、
今度聞いてみようと思っています。

Posted by: : April 22, 2007 11:03 PM

はじめまして、書き込みありがとうございます。
カノッサ修道会というのもあるのですね。やはりスペインからなのでしょうか。日本だけでもずいぶんたくさんのポルボロンがあったのでびっくりです。
やっぱり世界中のポルボロン分布図が知りたい(笑)!

Posted by: かえる本人 : April 23, 2007 04:10 PM

昨日「礼拝会」のシスターに会ったので、ポルボロンの事を尋ねてみました。
昔はバザーなどにも出したそうですが、ここのシスター方はもうご高齢なので、今は販売などしてないそうです。
でもスペインのシスター方はクリスマスにポルボロンがないと淋しいそうで、クリスマスになると作ってみんなで食べるということです。
「カノッサ修道会」はイタリアが本部です。
こちらのシスターにはまだ尋ねていません。
機会があれば聞いてみますね。

Posted by: チャメゴン : April 26, 2007 11:59 AM

お返事ありがとうございます。
カノッサ改めて調べてみました。北イタリアの小さな村の名と、当然「カノッサの屈辱」絡みで出てきました。そちらに中心のある修道会さんなのかな〜。
スペイン人がクリスマスにポルボロンがないと寂しいのは、日本人がお餅がないとお正月気分が出ないようなものかしら? 馴染みのある生活に密着したお菓子であればあるほど、地域差とか、そのお家のとかバージョンがいろいろありそうですね〜♪

Posted by: かえる本人 : April 27, 2007 02:35 PM

私も詳しくは判りませんが、かえるさんの調べたとおり北イタリアの方なのでしょうか?
ちなみに創始者がマダレナ・カノッサという聖人で、名前はここからきたのかと思います。
かえるさんのブログのお陰でますますポルボロンにはまり、いろいろ作っています。
今日は生協の「黒ごま&きな粉」で焼いてみました。
和菓子のような洋菓子のようなで、紅茶もお抹茶にも合いそうです。
ご希望があれば、レシピをお載せします。

Posted by: チャメゴン : April 29, 2007 06:18 PM

チャメゴンさん、お返事遅くなりました。
カノッサは、人名でもあったのですね〜。カソリック奥が深いです。
お菓子作れる方だったのですね、わたしは作る方はへたれなので、レシピ知りたくはありますが・・・・作るにはなかなかかかれそうもありませぬ。
山口に旅行に行ってきて、ザビエルゆかりの地なので、ポルボロン系はないかな〜と気にしていたのですが、何も発見できませんでした。ナバロ州だから違うかな?
萩には、光塩の学校があって、そちらにはポルボロンあると情報はいただいているのですが。

Posted by: かえる本人 : May 3, 2007 10:11 AM